Site map

受診科総合案内 腹痛

腹痛を伴い、下痢、便秘を繰り返す症状が出ている場合
過敏性腸症候群、腸がストレスなどの刺激に対して過敏な状態になり、腹痛を伴う便通異常を起こす病気をいいます。仕事や人間関係のストレスが多い現在社会では過敏性腸症候群が急増中と言われています。

これは日常的な病気のひとつであり、アメリカ人の調査では5人に1人がこの病気とと言われています。幼い頃から続いている場合などは,本人は体質と思って諦めていたり、他人に話すのが恥ずかしいために我慢していることが多いのです。

朝起床時、朝食後、外出前、通勤中などの便意を催し、腹痛を伴う下痢をする、ウサギの糞のようなコロコロした便が出る、下痢と便秘を繰り返すなど、症状の現れ方によって、不安定型、慢性下痢型、分泌型、ガス型の4つに分けられるようです。

便通の異常以外に食欲不振や満腹感、吐き気、おならなどを伴う場合もあります。この過敏性腸症候群は幸いにも、腸管の炎症や癌などの重大な病気になる危険性は低い病気なのであまり心配することはないと思われます。食事や生活習慣、ストレスなどの管理を行いながら薬剤などによる治療を併用することでコントロールできます。この症状が出ているのならば一度医療機関を受診するとよいでしょう。

治療には、原因別に二通りの方法があります。
1)ストレスが原因となっている場合
自律神経失調症になっている可能性があるので、不安定な精神状態を解消し、ストレスの原因となっている様々な要因を究明し、そしてこれを取り除く事が大事です。消化器科の医療機関での薬物治療や、精神科の医療機関での心理療法などによる治療を受けることが最も望ましく、また、医療機関に頼らず自らストレスを解消する方法として自律訓練法などを行うと良いでしょう。

2)生活の乱れが原因となっている場合
食生活の改善および生活習慣の改善を行い、これらの生活習慣においての暴飲暴食、喫煙、アルコールの摂りすぎを避ける事を心がけ、規則正しい生活を送る様にします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

過敏性腸症候群→内科を受診しましょう

最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。

受診科総合案内 咽喉

呼吸をするとき、ゼイゼイ、ヒューヒューといった呼吸音がする場合
ゼイゼイ、ひゅーひゅーといった音が聞こえ得る場合の原因は、狭くなった気道の対面する壁が振動する事によって起きます。これを喘鳴といいます。

息を吸うときに聞こえる喘鳴は、上気道に狭くなったところがあることを意味します。このことは急性喉頭炎や異物の誤飲などの原因が考えられ、緊急の処置を必要とする事があげられますので、このような場合には出来るだけ早く医療機関の受診をお勧めします。

また、呼気時の場合は、ぜんそくやCOPD、肺炎、心不全をはじめ鑑別する疾患が多くあります。そのうちの半数は気管支喘息と診断されています。

気管支喘息とはアレルギー反応や細菌・ウイルス感染などが発端となった気管支の炎症が慢性化することで気道過敏性の亢進や可逆性の気道狭窄をおこし、発作的な喘鳴や咳などの症状をおこします。

これらの喘鳴をともなう疾患は、問診や詳しい症状の経過、胸部X線検査、気管支拡張剤に対する反応などを確認して診断は下されます。また、治療をしても喘鳴が改善しないときは、精密検査をし慎重に対処する必要があるようです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

喘鳴(気管支喘息)→内科、呼吸器科を受診しましょう

最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。

受診科総合案内 頭痛・頭重

突然引きつけ(痙攣)を起こした場合
痙攣とは、不随意に筋肉が激しく収縮することによって起こる発作のことを言います。引きつけ(痙攣)の原因にはいくつかの要因があります。

小児、或いは20歳の頃までに同じ発作を繰り返し起こしたことが明白な場合、てんかんの可能性が強いといえます。

また、成人では60歳ごろまでは、特発性てんかんが最も多く、それ以降の年齢では脳血管障害による痙攣が多くなります。

また、脳腫瘍の頻度も増えると言われています。この痙攣が、初めての発作だとすると脳に何らかの異常がきたことが考えられます。

痙攣は多種多様にパターンがあります。その痙攣を大きく分けると、全身性の場合と体の一部分である場合とがあります。

痙攣の原因では、たとえば頭部外傷、髄膜炎、脳卒中、脳腫瘍、そして様々な薬物中毒などが考えられます。

そのほか、代謝・内分泌系、 血液・免疫系、 消化器系、 呼吸器系、 神経皮膚疾患(母斑症)など起因するものなど様々です。

痙攣が起こったならば、まず衣服を暖めて身体を楽にし、顔を横にして呼吸がしやすくした後、すぐに救急車を呼んで脳の専門医がいる病院を受診することが大事です。

また、痙攣が仮に、短時間で治ったとしても受診を決して先延ばしにしてはいけません。この症状が再発すれば命が危険になることも大いに考えられます。必ず、専門医を受診し原因を精査し突き止め、それを治療をすることが一番大事なのです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

引きつけ(痙攣)→脳神経外科を受診しましょう

最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。

受診科総合案内 目

目やまぶたが痒くなる場合
アレルギー性結膜炎には、室内のハウスダストが原因の通年性と、花粉の時期だけの季節性があります(季節性アレルギー性鼻炎と通年性アレルギー性鼻炎)。

目やまぶたが痒くなり、こすったりかいたりしていると次第に痛みが加わって目がごろごろした感じになってきます。花粉症などではくしゃみ、鼻水、鼻詰まりなどもおきます。

これを、放っておくと結膜が充血してまぶたが腫れてきます。治療としては抗原を避けることが第一の治療で、室内をこまめに掃除し、毛布、布団は天日で干すことをこまめに実行すれば予防にもなります。

尚且つ花粉時期には防塵眼鏡やマスクを使用して衣類についた花粉を戸外で落とした後、家の中に入りましょう。最近は花粉の着きにくい衣類がありますので、利用すれば花粉対策には効果があると思います。

季節性の人は、症状が出る2週間前から薬を投与すると症状が軽減できるため、痒くなる前に眼科受診すればなお防げるでしょう。通年性の人には、予防的に長期間薬の投与を続けることが重要になってきます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

アレルギー性結膜炎→耳鼻咽喉科、眼科を受診しましょう

この症状で、受診が推奨される診療科は一般的には、花粉症の治療を受ける場合は耳鼻咽喉科なのですが、内科などでも充分な治療が受けられることもあります。

子供の場合は、医師が慣れているという点で小児科のほうがよいこともあります。また、妊婦および授乳婦の場合は、産婦人科のほうがなにかと融通がきくことが多々あります。

ただし、これら症状がひどい場合は、その症状のでた部位の専門医にかかったほうがいい場合があります。鼻や喉の症状であれば耳鼻咽喉科、目の症状であれば眼科、皮膚症状がひどい場合は皮膚科がなどです。

最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。

受診科総合案内 手・足

急に右の手足が不自由になり座り込んだが、すぐに症状が良くなった場合
これは、心臓を含めた脳までの血管のどこかに狭い部分があったり、血栓がついていたりして、脳の血流が一時的に悪くなった場合、麻痺という症状になって現れます。この症状は突発的に起こり、数秒ないし15分以内、長くても24時間以内には症状は回復します。

これらの症状は疑いなく、一過性脳虚血発作(TIA)といえます。また、この症状は、脳卒中の前触れです。このような時はすぐにでも救急車を利用して救急病院で受診すべき症状です。

また、血管系疾患の合併症として現れることが多いので、この症状が見られた場合は高血圧症・高脂血症・糖尿病等の検査も同時に行うといいでしょう。

しかし、以後に再発の症状がなくても、TIAのすぐ後に脳梗塞になることもあります。治療においては、以前は寝脳梗塞の人でも、最近の治療技術は進歩が著しく向上しているために回復する場合もあります。治療法としては、薬物療法や外科的療法があります。

しかし、このようにいくら医療等の技術が進歩していても、治療においては症状が出てからの時間との勝負的なところもあります。

よって、発症したときは、ある時間経過すると治療成績も悪くなることもあり、一刻も早く治療を受けることが最善の方法でしょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

一過性脳虚血発作→脳神経外科、神経内科を受診しましょう

最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。
受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments