Site map

受診科総合案内 腹痛

長時間歩いたり、重い荷物を持った場合、膣よりかたまりが出てくる場合
この症状は、分娩時の損傷や産褥の不摂生、体質、高年齢、重作業などにより、子宮支持組織の靱帯を骨盤底を閉鎖している組織、特に肛門括約筋の弛緩により生じることがあります。

人間の場合、四足動物と比べて垂直方向に重力が多くかかるので、高齢者ほど子宮組織の弛緩がおこり、ちつ脱、膀胱脱、子宮脱になるやすいのです。この症状としては下腹部、または外陰部の不快感、圧迫感、帯下の増加、性器出血、排尿障害、排便障害などが起こります。

子宮下垂・子宮脱は、出産回数の多い女性が高齢のなってから起こしやすいと言われています。また、産後の早いうちから力仕事などをしているとなりやすいようです。

また、急性の子宮脱が起こったときは、下腹部の激痛、顔面蒼白、冷や汗、悪心、嘔吐を伴う場合があり、脱出腫瘤による歩行障害、労働障害も出てくる場合があります。子宮脱をそのままにしておくと、尿が出なくなる可能性もあります。

治療法は、ペッサリウム療法と手術療法があります。生殖年齢を過ぎた方は出来るだけ手術療法がいいでしょう。

また、出産直後の女性で一時的に子宮下垂・子宮脱の状態が見られる場合もあるようですが、腹部に力を無理にかけないよう注意していれば、子宮が元の大きさへ縮小してくる頃には自然に解消されることが多いようです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

完全子宮脱→婦人科、産婦人科を受診しましょう

最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。

麻痺・しびれ・目眩がある場合

急に右の手足が不自由になり座り込んだが、すぐに症状が良くなった場合
これは、心臓を含めた脳までの血管のどこかに狭い部分があったり、血栓がついていたりして、脳の血流が一時的に悪くなり麻痺という症状になって現れます。

この症状は、典型的な一過性脳虚血発作(TIA)で、これは脳卒中の前触れです。このような時はすぐにでも救急車を利用して救急病院で受診すべき症状です。

また、血管系疾患の合併症として現れることが多いので、この症状が見られた場合は高血圧症・高脂血症・糖尿病等の検査も同時に行うといいでしょう。

しかし、以後に再発の症状がなくても、TIAのすぐ後に脳梗塞になることもあります。

治療においては、以前は寝脳梗塞の人でも、最近の治療技術は進歩が著しく向上しているために回復する場合もあります。

しかし、このようにいくら技術が進歩していても、治療においては症状が出てからの時間との勝負的なところもあります。

よって、発症後、ある時間経過すると治療成績も悪くなることもあり、一刻も早く治療を受けることが最善の方法でしょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

一過性脳虚血発作→脳神経外科、神経内科を受診しましょう

最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。

受診科総合案内 咽喉

咳だけが止まらない場合
夏夜の寝冷え、季節の変わり目などにごく軽い風邪をひき、数日すると風邪の症状はほぼ治まったが、咳だけが止まらない場合があります。さきに、皇后様もかかったと報道されていました。病名は咳ぜんそくといいます。

気管支ぜんそくは、この病気と名前は似ていますが、気管支ぜんそくのように息を吐くにもゼイゼイと言うことはありません。また気管支ぜんそくのように呼吸困難になることもありません。

胸部のレントゲン写真を撮っても異常は見受けられず咳だけが異常にこみ上げてきます。そして、咳は夜間から、早朝にかけてひどくなり、眠れない夜になることも多々あり、ひどくなると会話中にも出、話もできないこともあります。

咳ぜんそくは、アレルギー性の病気と考えられていて、ハウスダストやダニ、そして花粉などが主な原因と考えられているようです。過去に、花粉症やアトピー性皮膚炎、じんましんなどになった人が咳ぜんそくにかかりやすいようです。そして、咳ぜんそくは季節の変わり目や梅雨時、台風シーズンに発症しやすいと言われています。

咳ぜんそくの治療は気道の炎症を抑えるステロイドの吸入が効果的。ステロイドの吸入によっての後遺症の心配はありません。これはステロイドを吸入するだけであって、血液の中には吸収されない為です。

また、気管支拡張剤なども使われるようです。こうした治療を1〜2ヶ月ぐらい続ければ完治します。咳ぜんそくも、他の病気と同じで早期に治療を開始するこ症状をとが、長引かないこつのようです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

咳ぜんそく→呼吸器科を受診しましょう

最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。
続きを読む

受診科総合案内 腹痛

下痢や便秘をすることが多くなり、お腹が張ったり、吐き気や食欲不振になったりする場合
ストレスによって自律神経のバランスが崩れて発症し、腹痛の後、粘膜液の下痢便やころころした便が出たりします。内視鏡検査などを行い異常がなければ、胃腸に病気がないのに便通異常が起こる場合、過敏性腸症候群が疑われます。

過敏性腸症候群は、主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称をいいます。検査を行っても炎症や潰瘍など目に見える異常が認められないにもかかわらず、「下痢や便秘を繰り返したり、またはどちらかが頻繁に起こる」「便意はあるのに、排便がないか、ゆるい便が少量しか出ない」「腹痛を伴い、下痢や便秘が起こる」「おならがよく出る」などの症状があります。


原因としては、腸の運動の元である自律神経に異常があったり、精神的不安や過度の緊張などを原因とするストレスなどが引き金となる場合などがあります。またもともと神経質な性格であったり自律神経系が不安定な人が暴飲暴食やアルコールの過度な摂取などをしたり、過労や体の冷えなどの状態にあった場合に症状が発生することがあります。この過敏性腸症候群は女性の方が男性の3倍多く起こります。

以前は大腸の機能の異常によって引き起こされる病気ということで『過敏性大腸症候群』と呼ばれていたが、最近では大腸だけではなく小腸にも関係することなどから『過敏性腸症候群』と呼ばれるようになりました。

過敏性腸症候群の予防では、睡眠不足を避けバランスの良い食事を取り、休日は気分をリフレッシュすることが大事です。精神面が大きく影響する病気でですので、医師とのコミュニケーションも十分にとり、信頼して治療に取り込むことが大切だと言われています。

最近は新しい腸運動調整薬も増え、治療効果が高くなっています。単に便秘、下痢だからと放っておくと大腸がん、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎など深刻な病気が潜んでいる可能性もあります。しっかりと、内視鏡検査などを受けることが重要です。また、本人にとっては、かなり辛い病気です。ストレス対策と、日々の生活習慣で、徐々に改善していきましょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

過敏性腸症候群→内科または、胃腸科を受診しましょう

最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。

続きを読む

受診科総合案内

抗ヒスタミン剤で脳の能率低下
春なのにこの寒暖が激しい時期、風邪薬を飲む人が増えると思います。この抗ヒスタミン薬は鼻の粘膜に作用しくしゃみや、鼻水、鼻詰まりを改善したり、脳内での鎮静作用があり、集中力、判断力、作業の低下などおこすことがあります。

成分の抗ヒスタミン薬が脳に入ると、脳を活発にする神経伝達物質ヒスタミンの作用が阻害され集中力や判断力、作業効率が下がったりする、「インペアード・パフォーマンス」と言われる副作用が。あると言われています。

ある大学教授は、脳に移行する抗ヒスタミン薬は一錠がウィスキー三杯分に相当し、飲酒運転と同じぐらいの危険を生じると言っています。飲んだら乗るな!!は風邪薬の一部にもあてはまると警告しています。

このように、運転する場合、危険な作業をする機会のある場合など抗ヒスタミン薬の副作用での気づきにくい能力ダウンを防ぐには、新しい抗ヒスタミン薬など、脳に移行しない薬もあるようなので医師の説明を聞いて、薬を選択するようにすれば副作用の危険を回避できるでしょう。

又、市販薬を買うときも薬店の薬剤師によく聞いて購入することをお勧めします。事故が起きては遅いのです。風邪薬は眠気が起きるほど効くというのは誤解があると言われています。又、眠気が起きない抗ヒスタミン薬でも、能力ダウンが起きていることが多いので注意が必要だと言われています。

最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。
受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments