Site map

受診科総合案内 頭痛・頭重

●月経の近いときに起こり、不眠症や乳房の痛みなどを伴う場合

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓月経前緊張症→婦人科を受診しましょう


月経前緊張症
月経の始まる前に違和感や、精神神経過敏、下腹部や腰部の重圧感、不快感などの症状が出る事はよくあることですが、日常生活に支障が出る様なその障害の大きい場合を“月経前症候群”といいます。


精神的な症状として、神経質、感情の不安定、興奮、抑圧、不安、記憶力の減退があります。乳房の緊張感や疼痛、下腹部の症状としては、緊張感、疼痛、骨盤のうっ血症状などがあります。又、片頭痛をうったえたり、むくんだりします。


症状が重い場合には水分や食塩の制限をし、利尿薬、ホルモン剤、鎮静薬などをのみます。

受診科総合案内 頭痛・頭重

●頭の片側がズキズキと痛みそのためにズキンズキンという頭痛と、吐き気がする場合
頭の片側がズキズキと痛み(脳の後頭葉に動脈が収縮を始め、血行障害が起こります。収縮した血管がもとに戻り始めるのですが、血管のまわりにむくみが起こります。そのためにズキンズキンという頭痛と、吐き気が生じます)、痛みの酷いときは目眩や吐き気を伴う

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

片頭痛→脳神経外科を受診しましょう



片頭痛
片頭痛は「偏頭痛」とも書き、「へんずつう」または「へんとうつう」と呼ぶ。

朝目覚めた時から頭痛として感じる場合や、太陽の光などを頭や目に受けて頭痛が起こった場合は片頭痛の可能性が高い。ほっとした時などにも起こりやすい。

片頭痛の発生メカニズムについてはまだ解明されていない部分もあるが、有力な説としては「セロトニン説」と「神経血管説」の2つがある。また、遺伝の要因もあるとも考えられている。

セロトニン説はストレス、緊張により脳が刺激を受けると、血液成分である血小板から血管を収縮させる作用を持つセロトニンが多量に放出されるようになり、血管が収縮する。時の経過と共にセロトニンが分解・排泄されて減少すると、一度収縮した血管が広がりはじめるようになり、この時に頭痛が起こるようになるというもの。

三叉神経血管説 は脳から刺激が血管周囲に三叉神経を刺激し、末端から血管を拡張させる作用をもつサブスタンスPなどのさまざまな神経伝達物質が分泌される。その結果、血管が広がり、その周囲に炎症が起こって頭痛として自覚されるというもの。

片頭痛の前は食欲が旺盛になる、甘いものが眠気をさすなどと言われているが、実際に発作を予知することは不可能である。悪心嘔吐・羞明・めまい・圧痛・食欲不振・多幸感などを伴うこともある。

前兆を伴うタイプもあり、・一過性半盲(視界の一部が一時的に欠けて見えなくなる)・片麻痺・片側性感覚障害・言語障害などが前兆としてみられる。

睡眠で軽快することが多いが、起床で始まることも多い。睡眠中に呼吸が無意識のうちに止まってしまうという「睡眠時無呼吸症候群」が原因となっていることもある。肥満気味の人は要注意である。軽症ではNSAIDs、中等症以上ではトリプタン系薬物が用いられる。カフェイン、も効果的ということでコーヒーや緑茶を飲むのも良いといわれている。

受診科総合案内 頭痛・頭重

頭痛・頭重
頭痛は日常的によくある症状です。だれでも1度や2度、あるいはそれ以上頭痛になった経験があると思います。


頭痛の原因は子供の場合、脳の構造的な異常、小学高学年、中高生などは耳、目、鼻などからくる場合があります。


また、頭痛の中で頭をはちまきで絞めたような頭痛は筋緊張性頭痛と言われるものです。


精神的な緊張が続いたり、過労、ストレスが引き金となり筋緊張性頭痛は起きます。


しかし、筋緊張性頭痛は命にかかわることはありません。また、片頭痛や群発頭痛は激しい頭痛を起こしますが、これも命にかかわることはほとんどありません。


しかし、強い頭痛があり意識障害を伴っている場合は、命にかかわる頭痛である場合が多いので直ぐに救急車などで医療機関を受診します。


受診科総合案内


受診総合案内

体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・
我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?人には何となく恥ずかしい、格好が悪いなんて思い、聞けないなんて思ったこと有りませんか。そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして、早速お目当ての受診科に行って診断、治療して貰いましょう

このブログでご紹介する症状や予防の方法、症例等はあくまでも一般的な一例です。身体に変調をきたした時は、自分で判断せずに必ず病院で受診し、お医者さんの診断を受けてください。

受診科総合案内 サイトマップ

受診科総合案内 サイトマップ
受診科総合案内
受診科総合案内 頭痛 頭重
受診科総合案内 鼻
受診科総合案内 発熱
受診科総合案内 耳
受診科総合案内 目
受診科総合案内 歯 口腔
受診科総合案内 首 肩
受診科総合案内 胸痛
受診科総合案内 乳房
受診科総合案内 腹痛
受診科総合案内 咽喉
受診科総合案内 背中 腰
受診科総合案内 皮膚
受診科総合案内 動悸
受診科総合案内 便秘 下痢
受診科総合案内 排尿
受診科総合案内 手 足
受診科総合案内 排便 肛門
受診科総合案内 喉
医療制度
受診科総合案内 凧 コラム
受診科総合案内 症候群
受診科総合案内 手術
【症状別】
発疹が出た場合
皮膚が痒くなる時a>
背部に痛みのある場合
腰痛のある場合
上腹部に痛みがある場合
下腹部に痛みがある場合
乳房にしこりがある場合
乳房から血性の分泌物が出る場合
急に激しく痛む場合
咳、痰が出る場合
胸の表面が痛む場合
喉に痛みのある場合
高熱、微熱が出て腫れる場合
声がかすれる場合
喉が異常に渇く場合
首や肩にこりがある場合
首が腫れる場合
首に痛みがある場合
口、唇に痛みのある場合
歯茎に腫れや出血のある場合
舌に痛みがある場合
目が痛い場合
目が痒い場合
目が見えにくい場合
視野に異常がある場合
耳鳴りがする場合
耳が痛いとき
高熱のある場合
微熱が続く場合
微熱、高熱がある場合
臭覚に異常がある場合
くしゃみが出る場合
鼻が詰まる(鼻閉)場合
痛む部分に特徴のある場合
身体がだるく感じる場合
吐き気、おうどを伴う頭痛の場合
脈が乱れる場合
身体がだるく疲れやすい場合
精神的症状を伴う場合
慢性の便秘の場合
急性の下痢の場合
便秘、下痢の場合
頻尿の場合
尿を漏らす場合
手、足に痛みのある場合
麻痺、しびれ、目眩のする場合
手が震える場合
血便、粘液便が出る場合
黒っぽい便が出た場合
肛門に異常がある場合
寝汗、呼吸難、胸痛、咳、血痰
梅醤番茶
精神疾患
総合受診科案内 コラム
目眩、動悸手足の痺れ吐き気
息切れのある場合
夜尿症(おねしょ)
視野が狭く感じるとき
目の視野に黒いゴミや糸くずのような者が浮いて見えるとき
膝の内側に痛みの出る場合
物忘れ
胸焼けやゲップが出る場合
ワキから嫌な臭いが出る場合
頭髪が原因もなく円形、楕円形抜け出した場合
咳やくしゃみで肋骨にそって激しい痛みが突然起こる場合
朝起きたときなどに膝に痛みが出腫れて動きにくい場合
高血圧
早朝の時間に血圧が高い場合
耳が聞こえにくい場合
【サイトマップ】
受診科総合案内 サイトマップ


受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments