Site map

受診科総合案内 排尿

膀胱近辺に不快感があり、血尿がたまに出る場合
膀胱炎。膀胱炎とは一般的に細菌が尿道を経て膀胱粘膜に感染を起こしたもので、特に女性に多い病気です。膀胱炎にはさまざまな原因があります。過労、夜更かし、冷え、長時間排尿をがまんすること、そして、ストレスなどです。

そして、この原因菌はいずれも大腸菌が多く、その他、腸内細菌や表在性ブドウ球菌などがあります。大腸菌での感染では、大便をした後の拭き方での感染が女性では多いと言われています。

症状は頻尿、排尿痛、尿の混濁、残尿感、膀胱部の不快感、肉眼的な血尿をともなう場合があります。腎盂腎炎を合併したり、男性の場合は前立腺炎や副睾丸炎を合併しない限り発熱等はありません。

治療は経口の抗菌薬を内服すること。自覚症状がなくなっても処方された薬を飲みきることが大事です。また、膀胱炎の原因菌に無効な抗生物質では効き目がありませんので、原因菌を調べ効果のある薬に換えて貰いましょう。

又、予防では尿量を増やすために水分を多く取ること。そして、必要以上に排尿を我慢しない。また、腹部を冷やさないことが重要になります。そして、再発を繰り返す方、完治がなかなかしない方は膀胱結石や膀胱腫瘍などの合併や、細菌性の膀胱炎でなく間質性膀胱炎の可能性がありますので、症状がでたならまず、専門医に掛かりましょう。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓


膀胱炎→泌尿器科を受診しましょう


最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。

受診科総合案内 腹痛

下腹部を手で触ると塊らしきものがある場合
婦人科疾患としては卵巣腫瘍、子宮筋腫、子宮腺筋症などが考えられます。卵巣腫瘍には良性と悪性があり、画像や腫瘍マーカーで良性乱世腫瘍と診断されても組織診断なしで悪性が否定されるわけではありません。

また、この塊が手で触れる程の大きさになっていると手術が必要な場合が多々あります。また、月経困難症である、下腹痛、腰痛、腹部膨満など、過多月経、貧血などがあれば子宮筋腫または、子宮腺筋症が考えられます。

子宮腺筋症とは、子宮内膜組織が、なんらかの原因で子宮の筋層内で増殖する病気です。子宮腺筋症の症状は、強い月経痛や月経過多などがあげられます。子宮筋腫の種類には、こぶ(筋腫)が子宮のどこにできるかにより、漿膜下筋腫、壁内筋腫、粘膜下筋腫に分けられます。

子宮筋腫は良性の腫瘍ですが、急に大きくなる場合は子宮肉腫の可能性が疑われます。子宮肉腫はある面では子宮がんより悪性であると言えます。いずれにせよ、下腹部を手で触ると塊らしきものがある場合は内科的な疾患も考えられますが、まず婦人科を早急に受診するようにしましょう。


 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


卵巣腫瘍、子宮筋腫、子宮腺筋症→婦人科を受診しましょう


最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。

受診科総合案内 耳

耳の病気などしたことがないのに、突然、耳が聞こえなくなる場合
高度の難聴が急速に進無場合の原因は、耳の最も奥にある部分の内耳、カタツムリに似た形の聴覚に関わる”蝸牛”や、平衡感覚にかかわる”三半規管”などの器官に障害が起きている時、また、おたふく風邪の原因ウィルスが感染したり、爆発音などの大きな音で蝸牛が壊れたりして起きる場合、そして、内耳に栄養を運ぶ血管が脳梗塞で詰まって起きる場合もあります。

このように耳が急に聞こえなくなる場合での原因不明のものが”突発性難聴”といいます。特徴としては症状が悪化したり、改善したりという変動がないことです。原因としてはウィルスの感染、そして血管の循環障害などが疑われます。

突発性難聴の治療で最もよく使われる治療薬はステロイド剤です。また、この病気自体ストレスに関連すると言う考え方もあり、安静にするという事も主な治療法の一つになっています。しかし、いずれも効果の程は確認されていないのが実情のようです。

このような中でも、大気圧の二倍の気圧をかけたタンクに入り、100%の酸素を1時間吸う治療法である、”高気圧酸素治療”の有効性が報告されています。この治療法は発症後二週間以内に始めた方がより効果が出るようです。

突発性難聴は判断と治療の困難さから小病院・一般医では知識や設備が不足している場合が多く、誤診による手遅れ・認識間違い等に注意が必要である場合があり、実際に聴力低下が見られても、ある程度会話が聞き取れれば正常とみなされ異常と診断されないこともあるようです。

聞こえなくなったと感じたら直ぐに設備の整った病院専門医の診断を受ける事が肝要です。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


突発性難聴→耳鼻咽喉科を受診しましょう


最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。

受診科総合案内

診療科表示の見かたおよび 診療科の見分け方
医師が病院や診療所(医院)を開設するときには、この範囲の病気なら診療できるとしてなるべく多くの診療科名をかかげる(正式には標榜といいます)場合が多いのです。このことは医療法でも許されています。


病院または診療所の表示の中で一般的ですが、内科・小児科とあれば、多くは内科で専門で、小児科もできる医師ということです。また内科・呼吸器科・循環器科・消化器科となると、一般内科なのか、呼吸器に強いのか、また循環器、消化器のどちらに専門なのか、この表示からではわからないわけです。その上、理学療法科、放射線科などが加わることもあります。これは薬物療法以外の理学療法の器械を備え、X線検査ができるという程度でもさしつかえはないのです。


病院ならば、当然リハビリのための理学療法士をおいていますので放射線治療までできるかもしれませんが、診療所などにおいてはそこまで欲ばるのはなかなかむずかしいと思われます。また、内科・小児科のほかに、産婦人科という表示があるとすれば、一般には一人の医師で診療するには多少無理があると言えるでしょう。ただし、へき地などで医師一人でなんでもやらざるをえない場合は仕方のないことだと言えます。


外科の診療科表示ではどうでしょうか。消化器外科・心臓血管外科・呼吸器外科・脳神経外科・小児外科などと書かれていると、どれが専門か判らないですね。特に心臓血管外科と脳神経外科などは、それぞれ一つの専門でないと診察もむずかしいように思います。


また、同じ外科でも整形外科となると、骨や関節が主な診療となります。形成外科はかたちの異常を治します、美容外科は鼻を高くしたり二重瞼をつくったりするのが仕事です。


大学病院や大病院では、第1内科・第2内科など内科・外科で番号がついているところがよくあります。実際どの内科で診療を受けるか迷います。専門が何かは病院で教えてくれるはずですので総合受付で必ず聞いて診察を受ける科の指示を受けて下さい。


病院や診療所の広告は医療法でいろいろ制限されており、博士や学歴を宣伝してはいけない事になっています。診療科ごとに医師名を表示している病院はそれなりに内容がしっかりわかりますが、1つの診療科に複数の医師がいる場合から、複数の科を一人の医師がかけもちしていることもあり、表示だけではわからないことがあります。


総合病院などの場合は複数の医師がいて診療科の種類や数が多くなっても当然ですが、今では認定医や専門医の資格を院内表示する病院も実際多くなっています。


このようにしっかりした受診をするためにも,受診者のために何科の専門医かを表示しているなどわかりやすい病院を受診すると安心して診療を受けることが出来ます。


最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。

受診科総合案内 手・足

手が小刻みに震える場合
年齢を重ねると、緊張したときに手が小刻みに震える場合があります。年配の方に見られる心配ない震えは本態性振戦※というものですが、震えるだけ無く、物を取ろうとしたときに震える場合、小脳の病気が疑われます。また、震えるだけでなく、歩くときなどにふらついたりする場合もあります。


振戦※とは筋肉の収縮、弛緩が繰り返された場合に起こる不随意のリズミカル運動です。振戦はだれしも起こりうる症状でストレス、不安、疲労、アルコールの離脱症状(禁断症状)、甲状腺機能亢進(甲状腺の働きが過剰になる)、カフェイン摂取、刺激薬(エフェドリンなど)の使用などで出る場合があります。単にふるえともいいます。


またじっとしている時に震え、手を動かすと止まる場合はパーキンソン病などに代表される病気もあります。外に歩行時にあまり手を振らなかったり、動きのぎこちなさ、表情の乏しさなどの症状も見られます。それとは別に、動悸などを伴うときは甲状腺の病気も疑われます。これらの症状ではいろいろな病気の原因がありますので、まず専門医を受診しましょう。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


本態性振戦→脳神経外科を受診しましょう




最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。
受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments