Site map

総合受診科案内  コラム

子供と病気

子供の病気は突然に具合が悪くなることがままあります。子供の突然の出来事に親として焦らず対応しないといけません。子供の病気について少し述べてみます。


子供が病気にかかった場合、子供は成人に比べ体の発達が未熟であり免疫力も十分でないことから、急に発病する場合が多く、病状の進行も早いという特徴があります。


このように、子供の健康状態には普段から絶えず親が気を配り、子供が少しでも異常を感じたら、できるだけ早く病院に連れて行くようにしないといけません。また、大人以上にこまめな検診で病気の早期発見を心がけることがもっとも大切です。


そして、定期検診は必ず連れて行き、身体に問題があれば早急に診断を受け、病状が進み、手遅れになる前にきちんと病院で処置をするようにしましょう。


いま、子供の病気予防のために各種予防接種が行なわれていますが、例えば日本脳炎の予防接種については、呼吸困難に陥るほどの重い中枢神経症状を起こす事例があり、それを受けて、平成17年厚生労働省から日本脳炎の予防接種を差し控えるよう勧告が出ました。こういった最新の医療情報にも常に目を通しておきましょう。

受診科総合案内 動悸

息切れ
階段の上がり降り、布団の上げ下げなど、以前感じなかった息切れが感じられるようになった。


この息切れを感じることの理由は身体の酸素運搬機能が低下した事があるようです。これら原因の多くは心疾患、貧血、肺疾患が考えられ、それぞれに又幾つかの原因があるようです。


心疾患に於いては心臓の弁が悪い場合と、筋肉が傷んで動きが悪くなっている場合とがあるようです。


又、高齢者のかたでは、糖尿病や、甲状腺機能低下症、呼吸障害、肝疾患などいろいろな症状が重なって症状が出ている場合もあり、普段の生活で以前と変わったようだと思ったらすぐ、診察を受けると良いでしょう。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

息切れを感じるようになったら→循環器科、呼吸器科を受診しましょう



受診科総合案内 手・足

朝起きたときなどに膝に痛みが出て少し腫れがあり動きづらい場合
変形性膝関節症・・・筋力低下、加齢、肥満などのきっかけにより膝関節の機能が低下して、半月板のかみ合わせが緩んだり変形や断裂を起こし、多くが炎症による過剰滞留が痛みを伴う病気である。

膝関節のクッションの役目を果たす膝軟骨や半月板が長期間に少しずつすり減り変形することで起こるものと、関節リウマチや膝のケガなどの他の原因によって引き起こされるものの2種類があります。

痛みと可動性低下が主なものですが、関節液がたまるのではれも認められます。正座をやめ椅子の生活にすると改善には有効です。また、関節の炎症をおさめるような薬(消炎鎮痛薬)を内服や湿布で使うこともおこなわれます。

外反に体重のかかり具合を変えると非常に楽になることがあります。軟骨のすり減りがひどければ人工関節に取り換えるしかないでしょう。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

変形性膝関節症→整形外科・形成外科を受診しましょう

受診科総合案内 胸痛

せきやくしゃみで肋骨にそって激しい痛みが突然起こる場合
肋間神経痛。肋間神経痛とは、ろっ骨に沿って走る神経が何らかの原因で痛む症状のこと。肋間神経痛は症状であり、病名ではないのです。

帯状疱疹ウイルスが原因で痛みを生じることが続発性。そして、不自然な姿勢をとった時、また運動不足・疲労によって神経が骨や筋肉にはさまれて突然起きる原発性などがあります。また、帯状疱疹ウイルスが原因で痛みを生じることがある続発性などもあります。

治療は一般的には鎮痛薬を服用したり、患部に湿布を塗布して様子を見る場合が多いのですが、外傷による発症の場合はろっ骨を固定するための器具を使用します。局所麻酔薬を使用して神経をブロックさせたり、鍼治療、低周波治療が有効とされる場合もある。

肋間神経痛と似た痛みが狭心症の可能性があります。肋間神経痛の治療法を続けていても快方に向かわず、痛みが周期的に継続する場合は狭心症もしくは疾患を疑って早期診断を受けるべきでしょう。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

整形外科または、内科を受診しましょう

受診科総合案内 皮膚

頭髪が、原因もなく円形あるいは楕円形に頭髪が抜け出した場合

脱毛症には、男性型、女性型脱毛症や円形脱毛症などがあります。男性型は脱毛遺伝子を男性ホルモンが結びつくことで、毛髪の成長に悪影響を及ぼすことが要因と考えられています。

特に、頭皮の硬いひとは、毛根の血行が悪くなり酸素や栄養の補給がしにくい傾向があります。また、脂質の分泌が多い人は毛穴が詰まりやすく、皮膚呼吸を妨げて、薄毛や脱毛の要因となるようです。

脱毛症のなかで円形脱毛症は、どの年齢でも起こりうる病気だといわれています。ストレスが誘引ではないかと考えられていますが最近では自己免疫疾患ではないかという説もあります。また、他に遺伝的素因もあるといわれていますが、原因ははっきりとはわかってはいません。

円形脱毛症の主なものには、部分的にハゲができる単発型と、部分的なものが数個できる多発型、そして頭全体におよぶ全頭型といったものがあります。円形脱毛での単発型は自然に治りますが、多発型は治療が必要となります。

円形脱毛症は、一般的には頭髪にできるのがほとんどですが、症状が酷くなってくると体毛やまつげに症状が出ることもあります。

極度のストレスが何ヶ月か前にあった場合、爪に小さなへこみや横スジなどの変化がみられます。こういった症状は円形脱毛症の方には特に多いようです。前兆としても見逃せない症状ですので要注意です。


円形脱毛症の治療として、生活改善をして自然治癒を待ったりしますが、症状の程度によっては薬物療法の適用となることもあります。また、メソセラピーといって脱毛と改善し、そして育毛や発毛を促進する治療法などがあります。いろいろの治療法が挙げられていますが、円形脱毛症は必ず治るものですから気長に治療をすることが肝心です。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

円形脱毛症→皮膚科、美容整形科を受診しましょう

受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments