受診科総合案内受診科総合案内 発熱血圧や、尿の異常、むくみ、急性では高熱、慢性では微熱、時に腰痛も起こる場合

受診科総合案内 発熱

血圧や、尿の以上、むくみ、急性では高熱、慢性では微熱、時に腰痛も起こる場合
発熱、腰背部痛、悪心、CVA叩打痛、白血球尿、細菌尿などを特徴とするが、この疾患の非常に恐ろしいところは容易に敗血症やDIC、ARDSを起こすことである。


経験則に「発熱が認められれば、腎盂腎炎のような上部尿路疾患であり、認められなければ、膀胱炎のような下部尿路疾患である」というものがある。


発熱が認められない場合、基本的には下部尿路疾患を疑うが、感染が上行してきて腎盂腎炎になる場合もあるので、注意して経過観察をする必要がある。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

腎盂腎炎→内科、泌尿器科を受診しましょう


腎盂腎炎
細菌感染が腎盂からほうまで波及し、悪寒戦慄を伴い、高熱を発します。熱は39〜40度に達し、治療をしても4〜5日は続きます。

大部分は膀胱から尿が逆流する膀胱尿管逆流現象によって引き起こされると考えられていますが、人では証明されず、特発性(原因不明)と診断されます。

女性では膀胱尿管逆流現象がしばしばみられ、腎盂腎炎をくり返す人では逆流防止手術をおこないます。

女性では膀胱炎のあとに腎盂腎炎を起こすことがしばしばあります。目に見えない逆流現象があるからです。膀胱炎の初期に治療すれば腎盂腎炎にはなりません。

<<ある病気の前兆として皮膚科痒くなる場合(リンパ節がはれる悪性の病気)受診科総合案内のトップへ後頭部やうなじに激しい痛みがあり、吐き気や嘔吐、痙攣、意識障害などが起こる場合>>

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments