受診科総合案内総合受診科案内  コラム子供の生活習慣病に要注意!

総合受診科案内  コラム

子供の生活習慣病に要注意!

かずある病気の中で、糖尿病、高血圧、高脂血症、心筋梗塞といったものは、大人のがかかるものであると今までは一般的に考えられてきました。ところが近年、この糖尿病、高血圧、高脂血症などの病気に子供が発病することが増えており、“小児生活習慣病”あるいは“小児成人病”などという名前で呼ばれているのです。


子供がこういった糖尿病、高血圧、高脂血症、心筋梗塞などの病気になる原因は、ファーストフード店、ファミレス等の外食による摂取カロリーの摂りすぎ(高カロリー食・高脂肪食の食事が多い)や、運動不足などが指摘されています。


そして、近年は、受験勉強などによる過度のストレスが原因で胃潰瘍などの病気にかかるい子供も増えています。子供の胃潰瘍は、傷は深くないものの急速に広がりやすいという特徴があります。


学校が終わり、直ぐに熟通い、ピアノのレッスン、などなどの過密スケジュールのお子様が、急に腹痛を訴えた場合などは、特に要注意です。お子様にストレスをかけ過ぎないよう、しっかり見守ってあげましょう。

<<禁煙!禁煙!!禁煙!!!受診科総合案内のトップへ適応障害とは・・・>>

トラックバック一覧

  1. 1. わずか1分で出来る「心と体の元気回復法」

    • [時給百円未満]
    • 2007年11月18日 18:36
    • “あなたの体は、悲鳴を上げています” たとえば、うつ状態が長く続くと、下のような「カラダの症状」が出てきます。 生理不順 睡眠障害 頭痛 体調不良 食欲異常 慢性疲労 なぜ心に問題が生じると、体にも異常が出てくるのか。 それは、ストレスによって、...

コメント一覧

    • 1. ttray
    • 2007年11月21日 13:55
    • トラバありがとうございました。

      我が子もそうですが最近の子供たちは高カロリー,講師暴食を頻繁に摂取しています。生活習慣病は大人だけのものではない,子を持つ親としてよく考えなくてはなりませんね。これを機会によろしくお願いします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments