受診科総合案内受診科総合案内 腹痛腹痛を伴い、下痢、便秘を繰り返す症状が出ている場合

受診科総合案内 腹痛

腹痛を伴い、下痢、便秘を繰り返す症状が出ている場合
過敏性腸症候群、腸がストレスなどの刺激に対して過敏な状態になり、腹痛を伴う便通異常を起こす病気をいいます。仕事や人間関係のストレスが多い現在社会では過敏性腸症候群が急増中と言われています。

これは日常的な病気のひとつであり、アメリカ人の調査では5人に1人がこの病気とと言われています。幼い頃から続いている場合などは,本人は体質と思って諦めていたり、他人に話すのが恥ずかしいために我慢していることが多いのです。

朝起床時、朝食後、外出前、通勤中などの便意を催し、腹痛を伴う下痢をする、ウサギの糞のようなコロコロした便が出る、下痢と便秘を繰り返すなど、症状の現れ方によって、不安定型、慢性下痢型、分泌型、ガス型の4つに分けられるようです。

便通の異常以外に食欲不振や満腹感、吐き気、おならなどを伴う場合もあります。この過敏性腸症候群は幸いにも、腸管の炎症や癌などの重大な病気になる危険性は低い病気なのであまり心配することはないと思われます。食事や生活習慣、ストレスなどの管理を行いながら薬剤などによる治療を併用することでコントロールできます。この症状が出ているのならば一度医療機関を受診するとよいでしょう。

治療には、原因別に二通りの方法があります。
1)ストレスが原因となっている場合
自律神経失調症になっている可能性があるので、不安定な精神状態を解消し、ストレスの原因となっている様々な要因を究明し、そしてこれを取り除く事が大事です。消化器科の医療機関での薬物治療や、精神科の医療機関での心理療法などによる治療を受けることが最も望ましく、また、医療機関に頼らず自らストレスを解消する方法として自律訓練法などを行うと良いでしょう。

2)生活の乱れが原因となっている場合
食生活の改善および生活習慣の改善を行い、これらの生活習慣においての暴飲暴食、喫煙、アルコールの摂りすぎを避ける事を心がけ、規則正しい生活を送る様にします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

過敏性腸症候群→内科を受診しましょう

最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。

<<呼吸をするとき、ゼイゼイ、ヒューヒューといった呼吸音がする場合受診科総合案内のトップへ頭重感、頭痛、鼻汁、鼻づまり、喉のイガイガ感、声のかすれ、鼻からのどに廻る粘っこい鼻汁による痰のの詰まった感じなどの症状が出る場合>>

受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments