受診科総合案内受診科総合案内 手・足手の指が曲がって伸びにくくなった場合

受診科総合案内 手・足

糖尿病などでは、潰瘍などによる足病変が多いようですが、必ずしも手の病変もないわけではありません。指が曲がって伸びにくいのは、バネ指と呼ばれるものです。これは指の腱鞘炎(腱鞘炎=原因は不明だが、指や手首など特定の関節を反復継続的に使うことによる前腕や手の腱鞘炎)によるものが多いようです。

また、関節炎やけがなどから症状がでることあります。男と女では、やや男性に多いのも特徴です。)によるものです。指を曲げるための筋腱がとおるトンネル状の靱帯が肥厚し、筋腱が滑りにくくなったために起こります。早期では指の付け根にステロイドの注射の処置をします。改善しない場合は外科的処置をします。

また、手のしびれや痛みを生じる手根管症候群(職業的な反復作業労働などにおいて生じることが多いようです。また、怪我による手首の強い圧迫・深い切創・骨折などにより、正中神経が損傷を受けた場合に発症することもあります。)や指が曲がった状態になるデュピュイトラン拘縮などもあります。

これらの症状の進行がひどい場合には外科手術が必要になる場合もありあります。いずれも糖尿病と関係ない人でも起こりますが、糖尿病ではよく合併症状として出てきます。原因は判っていませんが日常に不便がかかる場合は専門医の受診が必要です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

手根管症候群、腱鞘炎 → 整形外科を受診しましょう

最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。

<<頭重感、頭痛、鼻汁、鼻づまり、喉のイガイガ感、声のかすれ、鼻からのどに廻る粘っこい鼻汁による痰のの詰まった感じなどの症状が出る場合受診科総合案内のトップへ時々立ちくらみがある場合>>

受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments