受診科総合案内受診科総合案内 頭痛・頭重時々立ちくらみがある場合

受診科総合案内 頭痛・頭重

立ちくらみは、何らかの原因で脳に血液が十分に届かない状態(起立性低血圧=脳貧血)と考えられます。起立をすると血液は下半身に下がり、心臓に戻る血液量も減って心臓から出ていく動脈の圧力(血圧)も下がります。

症状としては、ふらつき、立ちくらみ、頭痛、複視または視野狭窄・眼前暗黒感、四肢あるいは全身のしびれ(異常感覚)、気が遠くなるなどで、まれに血管迷走神経反射性失神を起こすこともあります。すべて血圧維持が不充分なために脳血液灌流量が不足する結果起こる症状です。

通常は反射的に自律神経が働き、瞬時に血圧を上げたり動脈を小さくしたりして十分な血液を脳に運びますが、この反射は加齢、降圧剤や前立腺肥大の薬、糖尿病や神経疾患などで低下します。

対策としては、ゆっくりと立ち上がること、そしてすこしドキドキする程度の運動で自律神経を鍛えることなどがあげられます。

起立性低血圧をきたすことのある病気では、アジソン病、動脈硬化症、糖尿病、褐色細胞腫、シャイ・ドレーガー症候群やその他の自律神経障害をきたす神経疾患などがあります。

パーキンソン病では交感神経の変性やドーパミン作動性薬による治療の副作用などで起立性低血圧が起こることもあります。

このような症状で薬を投与する場合は病院でしっかり相談する事が大事になります。また、心臓の病気や、脳の病気が隠れている場合もあり、立ちくらみが貧血が最初の症状ということも多々あるようですので出来るだけ早く専門医を受診するようにしましょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

起立性低血圧(脳貧血) → 脳神経外科を受診しましょ


最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしおります。

<<手の指が曲がって伸びにくくなった場合受診科総合案内のトップへ胸やけや、酸っぱいものが上がってきたりなどの症状が出る場合>>

受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments