受診科総合案内受診科総合案内 排尿排尿時に痛みが伴う場合

受診科総合案内 排尿

男性と女性の行為感染症の中で多い尿道炎は、淋菌性尿道炎、クラミジア性尿道炎、非淋菌非クラミジア性尿道炎に分かれます。混合感染も多く、特に淋病性尿道炎におけるクラミジアの合併頻度は20〜30%、感染がら発症までの潜伏期間は淋病で2〜7日。クラミジアで1〜3週間と言われています。

女性の場合は数週間から数カ月も自覚症状がないことが多いようです。症状があっても特徴的な症状ではなく、単なる膀胱炎や膣炎と診断され、これを 放置すると菌が骨盤内の膜、卵巣、卵管に進み、内臓の炎症、不妊症、子宮外妊娠に症状が進むことがあります。また、 咽頭や直腸の感染では症状が自覚されないことが多く、これらの部位も感染源となります。

妊娠中の場合、新生児に出産時に母体から感染します。この時、新生児の両眼が侵されることが多く、早急に治療しないと失明するおそれもあります。病原体は血流に乗って身体の各所に広がることもり、関節、肝臓を覆う膜、心臓の内部が感染する(心内膜炎)場合も有り、出来るだけ早い処置を受けることが大事になります。

これら症状は、排尿時の痛みや尿道分泌物ですが、淋病性は痛みが強く分泌物が濃い傾向にあります。淋菌やクラミジアは単回投与のみで奏功する薬もありますが、原因微生物が不明な非淋菌非クラミジア尿道炎や、混合感染は、1〜2週間抗生物質の内服が必要な事もあります。また診断治療は、パートナーも同時にする事が大変大事になってきます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

淋菌性尿道炎、クラミジア性尿道炎、非淋菌非クラミジア性尿道炎 → 泌尿器科を受診しましょう


最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとって
よりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしおります

<<胸やけや、酸っぱいものが上がってきたりなどの症状が出る場合

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments