受診科総合案内受診科総合案内 胸痛胸やけや、酸っぱいものが上がってきたりなどの症状が出る場合

受診科総合案内 胸痛

胸やけや、酸っぱいものが上がってきたりなどの症状が出る場合

食道と胃の繋ぎ部分には胃に入った物が食道に逆流しないような逆流防止する機能があります。ストレス・過飲過食・喫煙・飲酒などが原因で胃酸や十二指腸液が、食道に逆流することで食道の粘膜を刺激し粘膜にびらん・炎症などを起こすようになります。

食道には粘膜を防御する機構がないため、食道がこのように逆流した胃酸にさらされると食道粘膜が次第にただれ炎症を起こします。これを逆流性食道炎といいます。検査方法は、内視鏡検査、食道内pHモニタリングなどの方法等があります。

治療方法において普段気を付けなければいけないこともあります。消化の良いものを取り、過食をしない、、食後すぐ横にならない。就寝時には頭を高くする、肥満、便秘の解消、腹部を強く締め付けない、頭を高く左を下にして寝る、なども大切です。

また、薬での治療では、胃酸を抑える薬で最も効果が強いプロトンポンプ阻害薬(PPI)の投与があります。また、症状が強く日常生活に影響がある場合は、手術的に逆流を防止する形成術をおこなわれることもあります。

食道の炎症状態が酷く長びけば、食道の粘膜が円柱上皮で置き換わり、バレット上皮になることがあります。この場合にはその箇所に潰瘍ができたり、がんが発生する事もあるようです

この逆流性食道炎の症状が出たかなと思ったらすぐに専門医に相談しましょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

逆流性食道炎 → 内科、消化器科を受診しましょう


最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとって
よりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしおります。

<<時々立ちくらみがある場合受診科総合案内のトップへ排尿時に痛みが伴う場合>>

受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments