受診科総合案内 頭痛・頭重

立ちくらみは、何らかの原因で脳に血液が十分に届かない状態(起立性低血圧=脳貧血)と考えられます。起立をすると血液は下半身に下がり、心臓に戻る血液量も減って心臓から出ていく動脈の圧力(血圧)も下がります。

症状としては、ふらつき、立ちくらみ、頭痛、複視または視野狭窄・眼前暗黒感、四肢あるいは全身のしびれ(異常感覚)、気が遠くなるなどで、まれに血管迷走神経反射性失神を起こすこともあります。すべて血圧維持が不充分なために脳血液灌流量が不足する結果起こる症状です。

通常は反射的に自律神経が働き、瞬時に血圧を上げたり動脈を小さくしたりして十分な血液を脳に運びますが、この反射は加齢、降圧剤や前立腺肥大の薬、糖尿病や神経疾患などで低下します。

対策としては、ゆっくりと立ち上がること、そしてすこしドキドキする程度の運動で自律神経を鍛えることなどがあげられます。

起立性低血圧をきたすことのある病気では、アジソン病、動脈硬化症、糖尿病、褐色細胞腫、シャイ・ドレーガー症候群やその他の自律神経障害をきたす神経疾患などがあります。

パーキンソン病では交感神経の変性やドーパミン作動性薬による治療の副作用などで起立性低血圧が起こることもあります。

このような症状で薬を投与する場合は病院でしっかり相談する事が大事になります。また、心臓の病気や、脳の病気が隠れている場合もあり、立ちくらみが貧血が最初の症状ということも多々あるようですので出来るだけ早く専門医を受診するようにしましょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

起立性低血圧(脳貧血) → 脳神経外科を受診しましょ


最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしおります。

受診科総合案内 頭痛・頭重

一般的には副鼻腔炎(蓄膿症)であることが多いのです。副鼻腔炎は、副鼻腔に炎症がおきる病気ということです。そして、この慢性副鼻腔炎のことを俗に蓄膿症といわれています。

蓄膿症は、風邪などにより副鼻腔に炎症がおき、その炎症により発生した膿が外に出ずに鼻腔に溜まり慢性化し、さらに溜まった膿により粘膜肥厚がおこり、膿の排泄がさらに出来ないといった悪循環の結果です。

また、鼻汁、鼻づまり、喉のイガイガ感などの症状で受診する人の多くは副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎を疑われています。

この症状の検査においてX線、CT、MRI検査や採血を行っても結果、どちらでもないと診断されてしまい、実際自覚症状が改善しないままの患者さんも少なからずいるようです。

原因は、はっきり分かっていませんが、風邪をひいた時やアレルギー性鼻炎で腫れるところの後方だけ青白く鱗状になって、粘っこい鼻汁を作り出していることがあります。

この部分粘っこい鼻汁を作り出しているところを治療すると長期に悩んでいたこれらの症状が改善するという報告が日本でも発表されています。

また、多の治療では、内視鏡による手術、前頭洞手術;前頭洞の病変に対しては現在でも外切開による治療などがあります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

副鼻腔炎(蓄膿症)→耳鼻科、耳鼻咽喉科を受診しましょう

最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。

受診科総合案内 頭痛・頭重

突然引きつけ(痙攣)を起こした場合
痙攣とは、不随意に筋肉が激しく収縮することによって起こる発作のことを言います。引きつけ(痙攣)の原因にはいくつかの要因があります。

小児、或いは20歳の頃までに同じ発作を繰り返し起こしたことが明白な場合、てんかんの可能性が強いといえます。

また、成人では60歳ごろまでは、特発性てんかんが最も多く、それ以降の年齢では脳血管障害による痙攣が多くなります。

また、脳腫瘍の頻度も増えると言われています。この痙攣が、初めての発作だとすると脳に何らかの異常がきたことが考えられます。

痙攣は多種多様にパターンがあります。その痙攣を大きく分けると、全身性の場合と体の一部分である場合とがあります。

痙攣の原因では、たとえば頭部外傷、髄膜炎、脳卒中、脳腫瘍、そして様々な薬物中毒などが考えられます。

そのほか、代謝・内分泌系、 血液・免疫系、 消化器系、 呼吸器系、 神経皮膚疾患(母斑症)など起因するものなど様々です。

痙攣が起こったならば、まず衣服を暖めて身体を楽にし、顔を横にして呼吸がしやすくした後、すぐに救急車を呼んで脳の専門医がいる病院を受診することが大事です。

また、痙攣が仮に、短時間で治ったとしても受診を決して先延ばしにしてはいけません。この症状が再発すれば命が危険になることも大いに考えられます。必ず、専門医を受診し原因を精査し突き止め、それを治療をすることが一番大事なのです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

引きつけ(痙攣)→脳神経外科を受診しましょう

最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。

受診科総合案内 頭痛・頭重

高血圧対策vol.5...冬場の入浴に注意をしよう!
高血圧対策vol.3でも書きましたが、急な気温の変化で血圧が上昇するといいました。特に冬場の入浴では温まった身体で更衣室に出るときの気温の変化に対して注意する必要があります。



寒い季節に浴室や脱衣場の温度が低いと高温度差で血圧が上がります。冬場は特に浴室、更衣室、脱衣室など暖房しておくと急な温度差で血圧が上がることはなくなると思います。



また、入浴するときに急に熱いお風呂に入ると交感神経が刺激されて血圧が上がることがあります。お風呂のお湯につかる前には必ずかけ湯をしてからはいると、心臓にも負担は軽くなります。お風呂は出来るだけ温めのお湯でゆっくり半身浴で浸かるといいと言われています。



そして、お風呂に入るとかなりの水分が取られます。水分を取られると言うことは血液の粘度も高くなるので、お風呂に入る前と、後で必ずす韻文の補給をするよう心掛けましょう。



最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。

受診科総合案内 頭痛・頭重

高血圧対策vol.4...禁煙をお勧めします!
喫煙は心臓に負担を掛けると言うことをご存じでしょうか?タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させて一時的に血圧が上昇する作用があるのです。


喫煙をすることで、一時的にとはいえ繰り返すことで心臓や、血管に負担が掛かってくるのです。そのうえ、動脈硬化を促進させ心筋梗塞や狭心症など、命に直接関わる病気になる要因になりかねません。


高血圧が普段から気になることで喫煙をしている方は数本数にかかわらず禁煙をすることをお勧めします。何事も命あっての物種です。


最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。
受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments