受診科総合案内 耳

耳の病気などしたことがないのに、突然、耳が聞こえなくなる場合
高度の難聴が急速に進無場合の原因は、耳の最も奥にある部分の内耳、カタツムリに似た形の聴覚に関わる”蝸牛”や、平衡感覚にかかわる”三半規管”などの器官に障害が起きている時、また、おたふく風邪の原因ウィルスが感染したり、爆発音などの大きな音で蝸牛が壊れたりして起きる場合、そして、内耳に栄養を運ぶ血管が脳梗塞で詰まって起きる場合もあります。

このように耳が急に聞こえなくなる場合での原因不明のものが”突発性難聴”といいます。特徴としては症状が悪化したり、改善したりという変動がないことです。原因としてはウィルスの感染、そして血管の循環障害などが疑われます。

突発性難聴の治療で最もよく使われる治療薬はステロイド剤です。また、この病気自体ストレスに関連すると言う考え方もあり、安静にするという事も主な治療法の一つになっています。しかし、いずれも効果の程は確認されていないのが実情のようです。

このような中でも、大気圧の二倍の気圧をかけたタンクに入り、100%の酸素を1時間吸う治療法である、”高気圧酸素治療”の有効性が報告されています。この治療法は発症後二週間以内に始めた方がより効果が出るようです。

突発性難聴は判断と治療の困難さから小病院・一般医では知識や設備が不足している場合が多く、誤診による手遅れ・認識間違い等に注意が必要である場合があり、実際に聴力低下が見られても、ある程度会話が聞き取れれば正常とみなされ異常と診断されないこともあるようです。

聞こえなくなったと感じたら直ぐに設備の整った病院専門医の診断を受ける事が肝要です。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


突発性難聴→耳鼻咽喉科を受診しましょう


最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。

受診科総合案内 耳

●耳鳴りや難聴、目眩などが起こる時
ある日突然に耳鳴りや難聴、目眩などが起こり、この症状が片耳だけに起こることが多いようです。


難聴はほとんどすべての耳の病気にあらわれますが、ごく軽いものから、まったく聞こえないものまでさまざまな程度があります。


音を内耳に伝える効率が落ちるために難聴が起こるのです(伝音難聴)。大きい声は聞こえますし、自分の声は明瞭に聞き取れます。内耳の病気では小さな音が聞こえないだけでなく、ことばを聞き分ける能力も落ちます(感音難聴)。声も聞こえません。


補充現象といって聞こえがわるいのに、大きな音がうるさく感じられることもしばしばあります。基本的症状(ことばの聞き分けがわるい、補充現象があるなど)は共通して一部を除いて、聞こえの回復は望めません。


    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

突発性難聴→耳鼻科を受診しましょう



突発性難聴
片側の耳がつまった感じと耳鳴りを生じ、急に難聴になる病気です。内耳の障害であることはたしかですが、原因はわかっていません。

感音難聴のなかでは、よくなることがあるただ一種の難聴ですが、おそくとも発病して2週間以内に治療しないと治りません。

難聴の程度が重かったり、めまいを伴った例は治りにくいようです。

受診科総合案内 耳

●強く耳が痛み、耳だれや耳鳴り、難聴の症状がある時
耳が痛い場合、急性中耳炎、外耳炎などが典型的です。中耳炎はかぜに続いて起こり、頭痛を伴います。外耳炎では食物をかんだり飲みこんだりすることが困難なほど痛みます。耳管狭窄症(耳管炎)では耳の奥がキンキン痛みます。イヤホーンや反響する室内で大きな音を聞いたあと耳痛をうったえる“音響外傷”では、鼓膜が破れていないか注意します

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

中耳炎→耳鼻科を受診しましょう


中耳炎
急性中耳炎と慢性中耳炎とに区別され、慢性中耳炎には、慢性化膿性中耳炎と滲出性中耳炎とがあります。慢性化膿性中耳炎は真珠腫をつくるものとつくらないものとがあります

受診科総合案内 耳

●聴力低下を伴う耳鳴りや、目眩が起着る時
聴力低下を伴う耳鳴りや、目眩が起こることも。外耳が悪いときには低い音、内耳が悪い時は高い音がします。


炎症や高熱を伴う病気のときなどにあり、メニエール病ではめまいといっしょに起こります。更年期障害、脳腫瘍などでも起こります。これら原因がわからないことが少なくありません。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

内耳炎→耳鼻科を受診しましょう


内耳炎
内耳炎はウイルスや細菌が内耳に侵入して起こります。また髄膜炎で起こることもあります。

症状としては、耳の痛みや高熱はまれで、高度の難聴、耳鳴り、めまい、吐き気・嘔吐がおもな症状です。めまいは2週間くらいでおさまるようですが、難聴は治りません。髄膜炎では両側難聴となります。


突発的に目が回ったり、聴力の低下、耳に圧迫感が繰り返して起こる場合

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

メニエール病→内科、耳鼻科を受診しましょう

メニエール病
内耳は、骨と膜の二重構造になっていて、膜の内側はリンパ液で満たされています。

この内リンパ液の調整がなんらかの原因でうまくいかなくなると、内リンパ水腫をつくり、これが神経を圧迫し、めまい、耳鳴り、難聴などの症状が出てきます、これをメニエル病といいます。

受診科総合案内 耳

耳の異常
耳の構造・・耳介[じかい](耳たぶ)を上方にひっぱると、穴は、細長い管としてほうまで見えます。


奥には鼓膜[こまく]があります。鼓膜の裏側に3つの小さな骨(耳小骨[じしょうこつ])があって、いちばんツチ骨はアブミ骨は聴神経が蝸牛[かぎゅう]に接しています。


振動を蝸牛に伝えるものですが、このため鼓膜の奥は1つの空間となっていて、耳小骨が自由に振動しやすい構造となっています。


耳の異常は、耳のが痛む、耳鳴りがする、耳が聞こえにくい等の異常が考えられます。


耳の異常を感じて耳鼻科に掛かる場合は、その症状を医師にどう伝えるかが大切な鍵になります。耳鼻科では、次の項目を的確に伝える様に心がけましょう。

1:どちらの耳が痛いのか、それとも両耳が痛いのかはっきり伝える・・
2:耳の痛み等、異常はいつ頃からはじまったのか・・
3:耳の異常の始まったきっかけやその原因が判っていれば性格に伝える・・
4:耳の異常がどの様に続くのか、時々痛むのか連続に痛むか・・
5:耳の痛み等、症状の程度はどのくらいか・・
6:今まで、耳の異常が有った科、又病院にかかったことがあるのか・・

以上、上記の項目をしっかり頭に入れて出来るだけ正確にはっきりと医師に伝えましょう。


受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments