受診科総合案内 歯・口腔

●歯茎が赤く腫れ暗褐色になったり、歯磨を磨く時やりんごなどを囓った時に血が出る場合
歯茎が赤く腫れ、暗褐色になったり、りんごなどをかじったときや歯磨を磨くときに血が出るのは歯肉炎が考えられます。奥歯の根のところが赤くただれてくずれ、歯が浮くようなときは、がんや肉腫、血液の病気の兆候のこともあります。少量の歯ぐきの出血は、歯肉炎や歯槽膿漏のときにみられ、血が持続してとまりにくいときは、血液病(白血病、紫斑病、壊血病、血友病)の疑いも考えておかなければなりません。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

歯肉炎→歯科、口腔外科を受診しましょう


歯肉炎
炎症が歯肉だけにとどまっているもので、歯肉が赤くはれて、歯ブラシなどによるわずかな刺激で出血します。


もの(単純性歯肉炎)と、全身の影響や口呼吸などと関係のあるもの(複雑性歯肉炎)があります。


まれに、からだが衰弱したときに歯肉が痛んではれ、同時に口内炎も合併するもの(急性壊死性潰瘍性歯肉口内炎)など特殊な歯肉炎もあります。

受診科総合案内 歯・口腔

●舌のざらつき、ただれや腫瘍による痛みやしこりが出来ている場合

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

舌癌→内科、口腔外科を受診しましょう


舌癌(良性)
少しずつ大きくなり、殆ど痛みなどの症状が少なく大きくなると食べるときや発声などの障害が起きたり、顔面の変形を起こします。

舌癌(悪性)
口の中に出来る形状はブツブツしたものが集まったもの、粘膜のただれとなるもの、いぼのようなかたちをしたもの、白斑の一部が赤くなるもの、腫れだけのものなど、色々あります。

しかし、そのままにしておくとあごの下や首のリンパ節へ転移し、ほかのがんと同じように全身に広がります。

受診科総合案内 歯・口腔

●口の中が赤く腫れたり、ただれやできものが出来て痛んだりする場合
症状として口の中が赤く腫れたり、ただれやできものが出来て痛んだり、食べたり飲んだりするとしみたりする事が異常の始まりです。

少しの傷が化膿してはれることはよくあることですが、アレルギー性の血管神経腫でもはれます。ヘルペスなどのほか、くちびるがあれる場合には、胃炎、熱の出たときがあります。ただれる場合には性病も考えられます。

貧血の人は色が薄く、紫がかっている(チアノーゼ)のは先天性の心臓病や弁膜症、たばこをたくさんすう人などに多いのです。ときは、脳・神経疾患の初期症状に気をつけなければなりません。

ほおの内側や舌などに白いものができ痛いのはアフタ性口内炎、ベーチェット病、子どもの場合には、はしかやカタル性口内炎が考えられます。

潰瘍性口内炎やブツブツが広がるようになります。口の中がはれるものには粘膜の病気なので早く処置しなければなりません。破傷風やあごの病気のために、口があきにくくなることがあります

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

口内炎→内科、口腔外科を受診しましょう

受診科総合案内 歯・口腔

歯・口腔の異常
歯の異常には、痛み、歯の痛み、歯が浮く、歯がゆるむ、歯ぐきから血が出る等の症状があります。


歯の痛みの原因は虫歯だけではありません。大人の歯の症状についてはい幾つかの注意が必要になります。


中高年では狭心症や急性心筋梗塞の初期症状として歯が痛くなることが有ります。又、虫歯などの慢性的な刺激が長年続くと、舌癌になる可能性もあります。


口腔内を清潔に保つ事は虫歯予防の他にも効果があり、すべての人にとって重要なことなのです。

受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments