受診科総合案内 胸痛

胸やけや、酸っぱいものが上がってきたりなどの症状が出る場合

食道と胃の繋ぎ部分には胃に入った物が食道に逆流しないような逆流防止する機能があります。ストレス・過飲過食・喫煙・飲酒などが原因で胃酸や十二指腸液が、食道に逆流することで食道の粘膜を刺激し粘膜にびらん・炎症などを起こすようになります。

食道には粘膜を防御する機構がないため、食道がこのように逆流した胃酸にさらされると食道粘膜が次第にただれ炎症を起こします。これを逆流性食道炎といいます。検査方法は、内視鏡検査、食道内pHモニタリングなどの方法等があります。

治療方法において普段気を付けなければいけないこともあります。消化の良いものを取り、過食をしない、、食後すぐ横にならない。就寝時には頭を高くする、肥満、便秘の解消、腹部を強く締め付けない、頭を高く左を下にして寝る、なども大切です。

また、薬での治療では、胃酸を抑える薬で最も効果が強いプロトンポンプ阻害薬(PPI)の投与があります。また、症状が強く日常生活に影響がある場合は、手術的に逆流を防止する形成術をおこなわれることもあります。

食道の炎症状態が酷く長びけば、食道の粘膜が円柱上皮で置き換わり、バレット上皮になることがあります。この場合にはその箇所に潰瘍ができたり、がんが発生する事もあるようです

この逆流性食道炎の症状が出たかなと思ったらすぐに専門医に相談しましょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

逆流性食道炎 → 内科、消化器科を受診しましょう


最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとって
よりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしおります。

受診科総合案内 胸痛

せきやくしゃみで肋骨にそって激しい痛みが突然起こる場合
肋間神経痛。肋間神経痛とは、ろっ骨に沿って走る神経が何らかの原因で痛む症状のこと。肋間神経痛は症状であり、病名ではないのです。

帯状疱疹ウイルスが原因で痛みを生じることが続発性。そして、不自然な姿勢をとった時、また運動不足・疲労によって神経が骨や筋肉にはさまれて突然起きる原発性などがあります。また、帯状疱疹ウイルスが原因で痛みを生じることがある続発性などもあります。

治療は一般的には鎮痛薬を服用したり、患部に湿布を塗布して様子を見る場合が多いのですが、外傷による発症の場合はろっ骨を固定するための器具を使用します。局所麻酔薬を使用して神経をブロックさせたり、鍼治療、低周波治療が有効とされる場合もある。

肋間神経痛と似た痛みが狭心症の可能性があります。肋間神経痛の治療法を続けていても快方に向かわず、痛みが周期的に継続する場合は狭心症もしくは疾患を疑って早期診断を受けるべきでしょう。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

整形外科または、内科を受診しましょう

受診科総合案内 胸痛

みぞおちから胸にかけての焼け付くような不快感、時に胸痛、酸っぱい物があがってくる、しつこい咳や声がれをする、のどがイガイガするなどの症状がある場合

いわゆる胸焼けという症状です。原因は胃酸が食道に逆流することが原因の一つです。食道には胃のような粘膜を防御する機能がないために食道が繰り返し胃酸にさらされると食道粘膜がしだいにただれてしまい、逆流性食道炎という病気になります。

また、これら胸焼けの他胸痛、酸っぱい物があがってくる、また、しつこい咳や声がれをする、のどがイガイガするなどの症状が出る場合があります。特に、脂っこいものを食べた後、甘いものを食べた後などにこのよう症状が出やすいようです。

特に、脂肪の多い食べ物、チョコレート、アルコールは下部食道昇圧帯の内圧が下がります。これらの物を多くとると胃液が逆流して逆流性食道炎になりやすいといわれています。

原因の胃酸が食道に逆流することでは食道と胃の境目にある胃液の逆流を防ぐ下部食道括約筋の弛緩、食道裂孔ヘルニア、過食、肥満、過度の腹部の締め付けによる胃と腹部の圧力上昇などが原因となる場合があります。

このよう症状の場合、胃酸分泌を抑える薬が効果がありますが、日常生活での節制をすることで改善できる場合もあります。
1.過度の大食をしない
2.飲酒などの嗜好品を控えめにする
3.肥満・便秘など生活習慣に気を付ける
4.腹部を締め付ける衣類は控える
5.枕を高くして眠る
このように、普段の生活習慣に気を配ることによって防ぐことも可能ではありません。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

逆流性食道炎→内科・消化器科を受診しましょう

受診科総合案内 胸痛

○微熱が続く場合
●寝汗、呼吸困難、胸痛、せき、たん、血痰がある場合
寝汗、呼吸困難、胸痛、せき、たん、血痰がある場合特に注意しなければならないのが、せきやたんの出る肺結核、やせてくるがん・白血病、リンパ節のはれる悪性リンパ腫、関節痛などを伴う膠原病で、これらの病気はともに重篤化する可能性があります。


歯、病気でも微熱が出ることがあります。微熱だけが症状である場合には、原因が不明のことが少なくありません。数日で微熱が下がりきらない場合には、医師の診断を受け、かぜ以外の原因をあきらかにすることが望ましいでしょう

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

肺結核→内科、呼吸器科を受診しましょう


肺結核
結核は1950年代まで患者を全国にまん延していました。この時代青年期だった高齢者は、大部分がその時代に結核の感染を受けて発病は免れたものの、結核菌をからだの中に抱えたまま高齢に達しています。


結核菌はからだの抵抗力(免疫力)によって抑え込まれ冬眠状態になっていたのです。高齢者が生活習慣病、ガン、薬の副作用等で抵抗力が低下したとき冬眠していた結核菌が暴れ出すのです。


若い人の大部分は結核菌に感染した免疫、結核菌のあらたな感染や発病を防ぐ抵抗力をもっていない20代世代中心に発病が目立っています。これは密閉されたオフィスは気密性が高く、結核菌を含んだ空気が職場内にとどまりやすいことが原因です。

受診科総合案内 胸痛

●身体の半身に痛みが走り、皮膚に水疱性の発疹が出来た場合
はじめは、頭痛、腰痛、そのほか神経痛のような痛み、だるい感じがあります。抵抗力が落ちたとき、体内に潜んでウイルスが活発にときに起こります。

水疱ははじめ透明ですが、のちに濁って血が出たり中心部が黒くくぼみます。軟膏やビタミン薬、痛みどめ、星状節神経ブロックなどで2〜3週間で治りますが、高齢者では神経痛が残ることがあります.

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

帯状疱疹→内科、皮膚科を受診しましょう


帯状疱疹
はじめピリピリとした痛みで始まり、数日遅れて痛みの部位に赤い小さな水疱ができ帯状に並びます。

身体の抵抗力が落ちたときときに、体内に潜んでウイルスが活発になり起こります。水疱ははじめ透明ですが、のちに濁って血が出たり中心部が黒くくぼみます。

軟膏やビタミン薬、痛みどめ、星状節神経ブロックなどで2〜3週間で治りますが、高齢者では神経痛が残ることがあります。

このウイルスが顔面神経にもつき、まひが加わることがあります
受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments