受診科総合案内 乳房

●乳房のしこりや乳頭のただれ、血性の分泌物などが見られる場
しこりの特徴は、まず表面がでこぼこで不整形なこと、初期には周囲と癒着がありませんが、進行すると周囲と癒着して動かなくなること、また、時に乳頭が陥没します。しこりの発育が速いことも乳腺症、線維腺腫と違う点です。因 動物性脂肪摂取量の増加、結婚年齢の高齢化、それに高齢出産と関連が疑われています。乳がんによる死亡は増加し続け、将来には、第1位を占めるのではと予想されています

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

乳癌→外科、婦人科を受診しましょう
●乳頭から血性の分泌物が見られる場合
乳頭腫>> いわゆる「いぼ」です。白く、表面がザラザラとしたはれもので、小さなものから大きなものまで、歯肉、舌、ほおの粘膜などの表面によくみられます。治療は切除です

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

乳腺乳頭腫→外科、婦人科を受診しましょう




乳ガン
乳房の症状としては、しこりが問題ですが、なにか異常があるときには次の点に注意しながら観察してください。

乳房が乳頭が陥入してかたちがおかしくないか
皮膚のくぼみがないか
静脈が怒張して皮膚が赤くなったり変色していないか
などを診ます。乳房が左右不対称のときは乳房の直径をは記録しておくとよいでしょう。手のひらで乳房を触れて調べます。手のひらで、乳房を平等にやわらかく触れて腫瘤(しこり)があるかないかを診ます。境界が明瞭か移動性があるか、圧痛があるかどうか調べます。しこりは、表面は凹凸があり、不整形でかたく、はじめはそうではありませんが、しだいに周囲と癒着して動きがわるくなります。しこりを触れたとき、それを指でつまむように持ち上げると、くぼみができることがあり、サインの1つです。鑑別が問題になる乳腺症や線維腺腫は、早くありませんが、疑わしいときは診察を受けましょう。


受診科総合案内 乳房

●周囲との差がはっきり判るしこりがある場合
線維腺腫>>乳房の腫瘍のうちの約1割を占める良性腫瘍です。直径数cmの球状、または楕円状をした塊で、表面は滑らかでかたく、腫瘤と周囲との境界ははっきりしています。1個だけのときもあれば、ばらばらにたくさんできることもあります。あまり大きくなると、外科的にとらなければならなくなります。だいたい20〜35歳の女性の病気です

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

乳腺腺維腺腫→婦人科を受診しましょう。

受診科総合案内 乳房

乳房の異常
乳房にしこりを感じると、乳ガンでは、と思い不安に駆られることがあると思います。しかし乳房のしこりは乳ガン以外にも良性疾患でもみられるので心配はいりません。しこりが、悪性のものか、良性のものかは検査すれば直ぐ解ります。

たとえ悪性と診断されても早い時期でいずれにせよあれば治癒率は確然とあがります。普段から入浴後等に乳房にしこりが無いかどうかチェックする習慣を付けて早期治療が出来る様早期発見に心がけましょう

○乳房のしこり、血性分泌物
乳ガンの症状では堅くて細かい凸凹があり、痛みも全く感じなかった場合乳ガンと疑って見ないといけません。良性の乳腺線維腺腫の場合もありますので早めの検査が必要です。また、しこりが出来、触るとゴロゴロし、出来たり無くなったりし、痛みを感じるのは乳腺症です。化膿菌によって炎症をおこす乳腺炎でも痛みがあります。いずれにせよ、気付いたときは早めの検査が第一です。
受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments