受診科総合案内 腹痛

腹痛を伴い、下痢、便秘を繰り返す症状が出ている場合
過敏性腸症候群、腸がストレスなどの刺激に対して過敏な状態になり、腹痛を伴う便通異常を起こす病気をいいます。仕事や人間関係のストレスが多い現在社会では過敏性腸症候群が急増中と言われています。

これは日常的な病気のひとつであり、アメリカ人の調査では5人に1人がこの病気とと言われています。幼い頃から続いている場合などは,本人は体質と思って諦めていたり、他人に話すのが恥ずかしいために我慢していることが多いのです。

朝起床時、朝食後、外出前、通勤中などの便意を催し、腹痛を伴う下痢をする、ウサギの糞のようなコロコロした便が出る、下痢と便秘を繰り返すなど、症状の現れ方によって、不安定型、慢性下痢型、分泌型、ガス型の4つに分けられるようです。

便通の異常以外に食欲不振や満腹感、吐き気、おならなどを伴う場合もあります。この過敏性腸症候群は幸いにも、腸管の炎症や癌などの重大な病気になる危険性は低い病気なのであまり心配することはないと思われます。食事や生活習慣、ストレスなどの管理を行いながら薬剤などによる治療を併用することでコントロールできます。この症状が出ているのならば一度医療機関を受診するとよいでしょう。

治療には、原因別に二通りの方法があります。
1)ストレスが原因となっている場合
自律神経失調症になっている可能性があるので、不安定な精神状態を解消し、ストレスの原因となっている様々な要因を究明し、そしてこれを取り除く事が大事です。消化器科の医療機関での薬物治療や、精神科の医療機関での心理療法などによる治療を受けることが最も望ましく、また、医療機関に頼らず自らストレスを解消する方法として自律訓練法などを行うと良いでしょう。

2)生活の乱れが原因となっている場合
食生活の改善および生活習慣の改善を行い、これらの生活習慣においての暴飲暴食、喫煙、アルコールの摂りすぎを避ける事を心がけ、規則正しい生活を送る様にします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

過敏性腸症候群→内科を受診しましょう

最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。

受診科総合案内 腹痛

長時間歩いたり、重い荷物を持った場合、膣よりかたまりが出てくる場合
この症状は、分娩時の損傷や産褥の不摂生、体質、高年齢、重作業などにより、子宮支持組織の靱帯を骨盤底を閉鎖している組織、特に肛門括約筋の弛緩により生じることがあります。

人間の場合、四足動物と比べて垂直方向に重力が多くかかるので、高齢者ほど子宮組織の弛緩がおこり、ちつ脱、膀胱脱、子宮脱になるやすいのです。この症状としては下腹部、または外陰部の不快感、圧迫感、帯下の増加、性器出血、排尿障害、排便障害などが起こります。

子宮下垂・子宮脱は、出産回数の多い女性が高齢のなってから起こしやすいと言われています。また、産後の早いうちから力仕事などをしているとなりやすいようです。

また、急性の子宮脱が起こったときは、下腹部の激痛、顔面蒼白、冷や汗、悪心、嘔吐を伴う場合があり、脱出腫瘤による歩行障害、労働障害も出てくる場合があります。子宮脱をそのままにしておくと、尿が出なくなる可能性もあります。

治療法は、ペッサリウム療法と手術療法があります。生殖年齢を過ぎた方は出来るだけ手術療法がいいでしょう。

また、出産直後の女性で一時的に子宮下垂・子宮脱の状態が見られる場合もあるようですが、腹部に力を無理にかけないよう注意していれば、子宮が元の大きさへ縮小してくる頃には自然に解消されることが多いようです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

完全子宮脱→婦人科、産婦人科を受診しましょう

最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。

受診科総合案内 腹痛

下痢や便秘をすることが多くなり、お腹が張ったり、吐き気や食欲不振になったりする場合
ストレスによって自律神経のバランスが崩れて発症し、腹痛の後、粘膜液の下痢便やころころした便が出たりします。内視鏡検査などを行い異常がなければ、胃腸に病気がないのに便通異常が起こる場合、過敏性腸症候群が疑われます。

過敏性腸症候群は、主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称をいいます。検査を行っても炎症や潰瘍など目に見える異常が認められないにもかかわらず、「下痢や便秘を繰り返したり、またはどちらかが頻繁に起こる」「便意はあるのに、排便がないか、ゆるい便が少量しか出ない」「腹痛を伴い、下痢や便秘が起こる」「おならがよく出る」などの症状があります。


原因としては、腸の運動の元である自律神経に異常があったり、精神的不安や過度の緊張などを原因とするストレスなどが引き金となる場合などがあります。またもともと神経質な性格であったり自律神経系が不安定な人が暴飲暴食やアルコールの過度な摂取などをしたり、過労や体の冷えなどの状態にあった場合に症状が発生することがあります。この過敏性腸症候群は女性の方が男性の3倍多く起こります。

以前は大腸の機能の異常によって引き起こされる病気ということで『過敏性大腸症候群』と呼ばれていたが、最近では大腸だけではなく小腸にも関係することなどから『過敏性腸症候群』と呼ばれるようになりました。

過敏性腸症候群の予防では、睡眠不足を避けバランスの良い食事を取り、休日は気分をリフレッシュすることが大事です。精神面が大きく影響する病気でですので、医師とのコミュニケーションも十分にとり、信頼して治療に取り込むことが大切だと言われています。

最近は新しい腸運動調整薬も増え、治療効果が高くなっています。単に便秘、下痢だからと放っておくと大腸がん、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎など深刻な病気が潜んでいる可能性もあります。しっかりと、内視鏡検査などを受けることが重要です。また、本人にとっては、かなり辛い病気です。ストレス対策と、日々の生活習慣で、徐々に改善していきましょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

過敏性腸症候群→内科または、胃腸科を受診しましょう

最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。

続きを読む

受診科総合案内 腹痛

下腹部を手で触ると塊らしきものがある場合
婦人科疾患としては卵巣腫瘍、子宮筋腫、子宮腺筋症などが考えられます。卵巣腫瘍には良性と悪性があり、画像や腫瘍マーカーで良性乱世腫瘍と診断されても組織診断なしで悪性が否定されるわけではありません。

また、この塊が手で触れる程の大きさになっていると手術が必要な場合が多々あります。また、月経困難症である、下腹痛、腰痛、腹部膨満など、過多月経、貧血などがあれば子宮筋腫または、子宮腺筋症が考えられます。

子宮腺筋症とは、子宮内膜組織が、なんらかの原因で子宮の筋層内で増殖する病気です。子宮腺筋症の症状は、強い月経痛や月経過多などがあげられます。子宮筋腫の種類には、こぶ(筋腫)が子宮のどこにできるかにより、漿膜下筋腫、壁内筋腫、粘膜下筋腫に分けられます。

子宮筋腫は良性の腫瘍ですが、急に大きくなる場合は子宮肉腫の可能性が疑われます。子宮肉腫はある面では子宮がんより悪性であると言えます。いずれにせよ、下腹部を手で触ると塊らしきものがある場合は内科的な疾患も考えられますが、まず婦人科を早急に受診するようにしましょう。


 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


卵巣腫瘍、子宮筋腫、子宮腺筋症→婦人科を受診しましょう


最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。

受診科総合案内 腹痛

女性で下腹部を手で触ると硬いしこりがあると感じる場合
女性で下腹部を手で触ると硬いしこりがあると感じる場合、卵巣腫瘍または、子宮筋腫、子宮腺筋症などが考えられます。卵巣腫瘍には良性と悪性があり画像や腫瘍マーカーで良性卵巣腫瘍と診断されても手術をしてみないと悪性下、良性かはっきり判るわけではないのです。


しこりで手術が必要な場合というのは、手で触れるくらいの大きさになっていると多いようです。月経困難症(下腹痛、腰痛、腹部膨張)、過多月経(月経の出血量が異常に多い)、貧血などがあれば子宮筋腫、子宮腺筋症とかんがえていいでしょう。。


子宮肉腫では、腫瘍が急に増大する場合があります。子宮肉腫はある意味子宮がんより悪性な部分がありますので出来るだけ早い受診が望ましいでしょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

子宮筋腫,卵巣腫瘍,子宮腺筋症→婦人科を受診しましょう


最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております





続きを読む
受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments