受診科総合案内 背中・腰

腰の圧痛、前屈困難、悪化すると知覚麻痺や運動麻痺が起こる場合
力仕事をする人に起こりやすいということはありません。椎骨と椎骨の間に椎間板の中に髄核が、うしろのほうに飛び出し、そのために神経が圧迫され、腰痛や坐骨神経痛を起こすものです。


髄核が飛び出すのは第四腰椎と第五腰椎の間か第五腰椎と仙椎の間がほとんどです。神経は第五腰髄神経か、第一仙髄神経です。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

胃・十二指腸潰瘍→内科、消化器科を受診しましょう


椎間板ヘルニア
髄核は、左右いずれかに偏って飛び出しますので、症状は場合片側に起こり、腰から下肢のうしろ側に沿って痛みます。

背骨をまっすぐにして立つこともできません。座ると側彎が消失しまっすぐになるのが1つの特徴です。

せきをしたり、りきんだりすると、腰はもとより下肢にまでひびくこともあります。

仰向けに寝て、ひざを伸ばしたまま、足を上げようとすると、腰から下肢のうしろ側が痛んで高く上げられないのは、兆候で、ラセーグ徴候といいます。

第五腰髄神経が足背では中央部から母指にかけて知覚鈍麻が起こり、親指を反りかえす力が低下します。

第一仙髄神経が障害されれば、知覚がにぶくなります。アキレス腱反射が低下もしくは消失します(アキレス腱反射とは、アキレス腱をたたくと反射的に足が足底のほうに動く反射です)。

受診科総合案内 背中・腰

首、肩、胸、背中などのしびれ、痛み、重苦しさが見られる場合
脊髄空洞症>>原因はわかっていませんが、先天的に素地があって生じた脊髄中心部(灰白質内)に空洞ができる病気で、しばしば骨・関節の異常も合併します。どの年齢にも出現しますが、発症に気づくことが多く、慢性に症状が進みます。

頸髄から胸髄上部に病巣ができることが多いのですが、時に腰髄(時に延髄にも)にみられます。多くは左右不対称の筋萎縮や障害(触覚や深部感覚は保たれているか軽い)、排尿障害、下肢のつっぱりなどが、病変の高さに応じて出現します。検査としては、MRIが有力です。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

脊髄空洞症→整形外科、脳神経外科を受診しましょう

受診科総合案内 背中・腰

背中・腰に異常がある場合
腰の痛みは単に重だるいものから、身動きもできないものまでさまざまで、病気の種類や程度によって違います。すこしの動き方でで激痛を起こし、身動きできなくなることがあります。下肢のうしろ側に沿って痛みがはしるようなら、まず腰椎椎間板ヘルニアの可能性があります。重症では下肢がしびれたりします。

動作を始めるとき痛み、あとで軽くなるようなときには、変形性腰椎症が考えられます。脊椎の骨質が減少し、骨粗鬆症では激しい腰痛が起こることがあり、腰椎圧迫骨折も考えられます。

腰痛は、原因不明のいわゆる腰痛症と区別できないことがよくあります。腰痛が続き、じっとしていても痛むようなら、がんの脊椎転移や骨髄腫、脊髄腫瘍、脊椎炎、限局性癒着性脊髄膜炎などの可能性があり、下肢の脱力、まひ、排尿困難、便秘などを伴うこともあります。また一般の化膿菌の感染を受けることもあります。

脊柱が起立性を保持しているだけでも背筋ははたらいており、筋の疲労は鈍痛として感じられます。不自然な姿勢での作業はもとより、全身性疾患や肥満があって筋が疲労しやすくなっていれば、当然、腰痛となりえます。

神経筋疾患として総称されている一連の病気のなかには、腰部、臀部の筋萎縮と筋力低下をきたすものがあり、これも腰痛を起こすことがあります。

背中・腰に異常がある場合
背中の痛みというと、肺や胸膜の病気を考えがちですが、痛みの頻度から言うと筋肉や骨粗鬆症を基盤とする胸椎の圧迫骨折、胃、十二指腸潰瘍といった腹部内臓器の病気が主な原因になっていることが少なくありません。又、関連痛といって、心臓、肺、肝臓、胆嚢、腎臓、胃腸疾患があると、背中が知覚過敏になることがあります。急性や慢性膵炎では腹痛より背中の痛みが主となる場合があります。
受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments