受診科総合案内 皮膚

頭髪が、原因もなく円形あるいは楕円形に頭髪が抜け出した場合

脱毛症には、男性型、女性型脱毛症や円形脱毛症などがあります。男性型は脱毛遺伝子を男性ホルモンが結びつくことで、毛髪の成長に悪影響を及ぼすことが要因と考えられています。

特に、頭皮の硬いひとは、毛根の血行が悪くなり酸素や栄養の補給がしにくい傾向があります。また、脂質の分泌が多い人は毛穴が詰まりやすく、皮膚呼吸を妨げて、薄毛や脱毛の要因となるようです。

脱毛症のなかで円形脱毛症は、どの年齢でも起こりうる病気だといわれています。ストレスが誘引ではないかと考えられていますが最近では自己免疫疾患ではないかという説もあります。また、他に遺伝的素因もあるといわれていますが、原因ははっきりとはわかってはいません。

円形脱毛症の主なものには、部分的にハゲができる単発型と、部分的なものが数個できる多発型、そして頭全体におよぶ全頭型といったものがあります。円形脱毛での単発型は自然に治りますが、多発型は治療が必要となります。

円形脱毛症は、一般的には頭髪にできるのがほとんどですが、症状が酷くなってくると体毛やまつげに症状が出ることもあります。

極度のストレスが何ヶ月か前にあった場合、爪に小さなへこみや横スジなどの変化がみられます。こういった症状は円形脱毛症の方には特に多いようです。前兆としても見逃せない症状ですので要注意です。


円形脱毛症の治療として、生活改善をして自然治癒を待ったりしますが、症状の程度によっては薬物療法の適用となることもあります。また、メソセラピーといって脱毛と改善し、そして育毛や発毛を促進する治療法などがあります。いろいろの治療法が挙げられていますが、円形脱毛症は必ず治るものですから気長に治療をすることが肝心です。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

円形脱毛症→皮膚科、美容整形科を受診しましょう

受診科総合案内 皮膚

ある病気の前兆として皮膚科痒くなる場合(リンパ節がはれる悪性の病気)
悪性度の高いはれもので、口腔の粘膜にも、顎骨の内部にもできますが、全身の病気のことが多いので、口腔外科と内科、皮膚科との共同での診察が必要です。悪性黒色腫は黒い色をしていることが多く、悪性リンパ腫はやわらかいはれものとして出てきます。発育が早く、転移を起こしやすいものです

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

悪性リンパ腫、悪性黒色腫→主に内科を受診しましょう


代表的な皮膚科疾患
外傷/湿疹/蕁麻疹/紅斑/紫斑・皮膚血管炎/血管炎一般/角化異常/水疱症/膿疱症/代謝異常症/皮膚形成異常/肉芽腫性疾患/膠原病/ 感染症/母斑/母斑症/良性腫瘍・色素異常症/悪性腫瘍/脂腺・汗腺の疾患/毛髪疾患/爪疾患/その他の疾患

受診科総合案内 皮膚

植物や金属などに接触した部分がかぶれて赤くなったり、痒くなったりする場合
外部からの刺激が直接皮膚にはたらいて、その部分に限って起こる湿疹性の病変です。接触部位に一致して赤くはれ、ブツブツが出てきます。また、丘疹が小水疱となって破れ、ジメジメして、ほてる感じのすることもあります。炎症が強いと赤くなった部分が全体にはれてくることもあり、慢性の“かぶれ”では、皮膚が厚く、かたくなるとともに、表面が粗くなります

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

アレルギー性接触皮膚炎→皮膚科を受診しましょう


接触皮膚炎
毒物(酸、アルカリ等)の接触のように、ただ一度でも刺激がはたらいて、その直後にあらわれる(毒性、一次刺激性)ものと、何度か繰り返し刺激が働いて起こるアレルギー性の物とがあります。アレルギー性のものは個人の体質に関係します。重金属(ニッケル、クロムなど)やウルシなど物質がアレルギーを起こします。

受診科総合案内 皮膚

○皮膚が痒くなる時●虫などに刺されたあとのように、淡紅色の浮腫性の発疹ができた時
かゆく、ひっかくと、そのすじに沿って皮膚が赤くはれてきます。個々の発疹は、かゆみと共に赤みのある腫れが出るが、30分から2〜3時間で跡形もなく消えますが、いっぽう、次々に新しいものができてなかなか治りません。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

じんま疹→皮膚科を受診しましょう


じんま疹
原因は皮膚末梢の毛細血管透過性の亢進が原因です。それを誘発する物質(化学伝達物質)の多くはヒスタミンで、かゆみの原因となります。物質の直接刺激ではなく、抗原抗体反応(アレルギー反応)によってじんましんの出てくることもあります。

原因物質(抗原)が一度体内に入ると抗体が産生され、ふたたびあるいは似た物質が体内に入ると、これを排除しようとして抗原抗体反応が起こります。この結果、物質(ヒスタミン、アセチルコリン、セロトニン)がじんましんが起こるのです。抗原としては、薬剤(ペニシリン、ピリンなど)、ほこり、香料など、なんでも抗原になりえますし、温熱、ストレスも原因になります。

受診科総合案内 皮膚

唇やその周辺、外陰部などに痛くて痒い栗粒代の水疱状の発疹が出来る場合
かぜをひいたとき、くちびるのまわりにできる小さな水ぶくれがこれです。これは“口唇[こうしん]ヘルペス”ともいいます。むらがっていることもあります。なかには、からだに広くできることもあり、軽い痛みがあります。すぐにつぶれて、あとにびらん面を残すことがあり、この取り扱いがわるいと、とびひになることがあります。

かぜによるほか、いろいろな発熱、直射日光に当たったあと、アスピリンなどの薬をのんだあと、月経前後にくり返してできることもあります。一度これができると、たびたび再発するので困ります。そういったものを“再発性ヘルペス”と呼んでいます。また、外陰にできるものは“陰部ヘルペス”といいます

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ヘルペス→内科、皮膚科を受診しましょう
受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments