受診科総合案内 排尿

男性と女性の行為感染症の中で多い尿道炎は、淋菌性尿道炎、クラミジア性尿道炎、非淋菌非クラミジア性尿道炎に分かれます。混合感染も多く、特に淋病性尿道炎におけるクラミジアの合併頻度は20〜30%、感染がら発症までの潜伏期間は淋病で2〜7日。クラミジアで1〜3週間と言われています。

女性の場合は数週間から数カ月も自覚症状がないことが多いようです。症状があっても特徴的な症状ではなく、単なる膀胱炎や膣炎と診断され、これを 放置すると菌が骨盤内の膜、卵巣、卵管に進み、内臓の炎症、不妊症、子宮外妊娠に症状が進むことがあります。また、 咽頭や直腸の感染では症状が自覚されないことが多く、これらの部位も感染源となります。

妊娠中の場合、新生児に出産時に母体から感染します。この時、新生児の両眼が侵されることが多く、早急に治療しないと失明するおそれもあります。病原体は血流に乗って身体の各所に広がることもり、関節、肝臓を覆う膜、心臓の内部が感染する(心内膜炎)場合も有り、出来るだけ早い処置を受けることが大事になります。

これら症状は、排尿時の痛みや尿道分泌物ですが、淋病性は痛みが強く分泌物が濃い傾向にあります。淋菌やクラミジアは単回投与のみで奏功する薬もありますが、原因微生物が不明な非淋菌非クラミジア尿道炎や、混合感染は、1〜2週間抗生物質の内服が必要な事もあります。また診断治療は、パートナーも同時にする事が大変大事になってきます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

淋菌性尿道炎、クラミジア性尿道炎、非淋菌非クラミジア性尿道炎 → 泌尿器科を受診しましょう


最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとって
よりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしおります

受診科総合案内 排尿

膀胱近辺に不快感があり、血尿がたまに出る場合
膀胱炎。膀胱炎とは一般的に細菌が尿道を経て膀胱粘膜に感染を起こしたもので、特に女性に多い病気です。膀胱炎にはさまざまな原因があります。過労、夜更かし、冷え、長時間排尿をがまんすること、そして、ストレスなどです。

そして、この原因菌はいずれも大腸菌が多く、その他、腸内細菌や表在性ブドウ球菌などがあります。大腸菌での感染では、大便をした後の拭き方での感染が女性では多いと言われています。

症状は頻尿、排尿痛、尿の混濁、残尿感、膀胱部の不快感、肉眼的な血尿をともなう場合があります。腎盂腎炎を合併したり、男性の場合は前立腺炎や副睾丸炎を合併しない限り発熱等はありません。

治療は経口の抗菌薬を内服すること。自覚症状がなくなっても処方された薬を飲みきることが大事です。また、膀胱炎の原因菌に無効な抗生物質では効き目がありませんので、原因菌を調べ効果のある薬に換えて貰いましょう。

又、予防では尿量を増やすために水分を多く取ること。そして、必要以上に排尿を我慢しない。また、腹部を冷やさないことが重要になります。そして、再発を繰り返す方、完治がなかなかしない方は膀胱結石や膀胱腫瘍などの合併や、細菌性の膀胱炎でなく間質性膀胱炎の可能性がありますので、症状がでたならまず、専門医に掛かりましょう。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓


膀胱炎→泌尿器科を受診しましょう


最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。

受診科総合案内 排尿

排尿の異常
排尿や排便は、生きていくうえで欠くことのできない基本的な欲求の1つです。排尿を理解するには、泌尿器系の全体像を確認しておく必要があります。


泌尿器系は尿を生成する腎臓、少量を貯蔵する腎盤、輸送する尿管、大量に貯蔵する膀胱、排尿時にのみ用いられる尿道からなっています。膀胱と尿道以外は左右に合計2組備わっているのです。


排尿の異常では、排尿時に痛みを感じたり、排尿したばかりで又排尿したくなるときは膀胱炎の疑いがあります。夏場や特に女性は排尿を我慢する女の人が膀胱炎が起こり安いと言われています。

受診科総合案内 排尿

尿失禁の改善方法
他人には言いにくいことなので知られていませんが、高齢者の3人に1人は尿失禁で悩んでいるそうです。原因は色々あるようですが、特に女性に多いのが腹圧性尿失禁です。


腹圧性尿失禁とは、くしゃみをしたり、重い物を持ち上げたりした時に尿が漏れる状態をいいます。なかには年だから仕方ないと諦めて、大人用のおむつを着けている人もいるようです。しかしこの腹圧性尿失禁は骨盤底筋や括約筋を鍛える事である程度は症状を改善できるのです。続きを読む

受診科総合案内 排尿

くしゃみをしたとき、重い物を持った時など、腹に力が入ったときに尿が漏れる場合
尿失禁>>昼間に尿を漏らす病気です。尿をがまんしようと努力しているけれども尿が漏れる状態です。前立腺がんなどのときに膀胱が満杯になっても排尿できないため、自分では尿を出しているとは思っていないけれども、あふれ出て漏れる状態をいいます。


腹圧尿失禁はお産を多く経験した老婦人などによくみられ、くしゃみ、重い物を持つなどで腹圧がかかったときに閉鎖圧に抗して尿が漏れる状態で、閉鎖圧が低くなっているためです。


切迫尿失禁は膀胱の排尿筋が収縮してしまい漏れるものです。高齢者になると経験するもので、大脳ではがまんするように指令を出しているのですが、末梢の神経がいうことを聞かなくなるためです。


真性尿失禁=真性尿失禁(しんせいにょうしっきん)は尿路異状による尿失禁。尿道外尿失禁とも言う。


仮性尿失禁=仮性尿失禁(かせいにょうしっきん)は尿路自体には異状は無いが、尿路の周辺臓器の異状による尿失禁)

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

尿失禁→泌尿器科を受診しましょう
受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments