受診科総合案内 腹痛

突然上腹部に痛みが起こる
突然、上腹部の不快感、痛みなどをおこします。また、時々潰瘍性病変からの出血を伴うために吐血・下血などを起こしたりします。

痛みの他に食欲不振、吐き気、胸焼けなどの症状がを伴い、重症の場合は胃の粘膜から出血をしたり、吐血をしたり、また便が黒くなったりすることがあります。

原因としては鎮痛薬などの薬物、ストレス、飲酒、香辛料の多い食べ物の取り過ぎなどがあげられます。胃の粘膜に短期間でびらんや潰瘍ができたりします。これらの診断は胃内視鏡で行います。

治療は軽傷の場合は内服薬治療で改善しますが、重傷の場合は入院治療が必要です。吐血・下血が認められた場合や痛みが激しい場合は急いで消化器専門医を受診して早めに内視鏡検査を受けてください。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

急性胃粘膜病変→消化器科、外科胃腸科(できれば消化器専門医)を受診しましょう

受診科総合案内 腹痛

●空腹時に胃痛があり、胸やけなどがあり、酷いときは吐血や下血がある場合
慢性的に空腹時、特に早朝に上腹部が痛み、胸やけがあるようなときは食道炎が疑われます。高齢で背中の曲がった人や、胃の手術後でもよくみられます。

上腹部の鈍痛、胸やけなどはしばしば見られる症状です。しかし胃がんでもそのような症状になることがあり、中年以上の人は胃内視鏡の検査を受ける必要があります。

おなかがときに痛む場合は胃・十二指腸潰瘍の可能性が高い事が考えられます。痛みがくり返し、上腹部に限局してみずおちのあたりが痛むことが多い病気です。

どちらかというと、胃潰瘍の場合は、まん中よりやや左側、十二指腸潰瘍ではまん中よりやや右側が痛む傾向があります。また、背中の痛みを伴うこともあります。

十二指腸潰瘍では空腹時の痛みが特徴的で、痛みで目が覚めることもあります。胃・十二指腸潰瘍の原因の大半はヘリコバクター・ピロリという細菌が原因です。治療は、抗生物質でこの細菌を除いてしまわなければなりません。菌が消えれば再発しません。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

胃・十二指腸潰瘍→内科、消化器科を受診しましょう

受診科総合案内 腹痛

●胃の周辺が痛み、胸焼け、ゲップなどが出る場合。不摂生の暴飲暴食を重ねたりすると起きやすくなります

暴飲暴食や過度の飲酒などの原因が加わってから数時間から1日以内の間に不快感、圧迫感、吐き気、痛みなどが生じます。

上腹部の激痛や嘔吐、吐血を起こすこともあり、緊急的に内視鏡検査が必要とできる専門医を受診してください。胃・十二指腸潰瘍、急性膵炎、急性胆嚢炎、急性虫垂炎などと間違われることもあります。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

乳急性胃炎→内科、消化器科を受診しましょう


慢性胃炎
慢性胃炎の大多数は基本的に無症状であることが特徴で、内視鏡検査などで発見されることがほとんどです。表層性胃炎では上腹部の不快感や鈍痛、胸やけなどを感じることもあります。慢性胃炎は表層性胃炎と萎縮性胃炎に分類されてきました。

表層性胃炎では表面に炎症による赤い充血が萎縮性胃炎では胃粘膜が萎縮して薄くなり血管が透けて見え胃酸の分泌は低下します。萎縮性胃炎は慢性胃炎の大部分を高齢者に関連も疑われています。内視鏡観察によって肉眼的に診断、分類されてきた慢性胃炎ですが、その疾患概念は発見とその後の研究によって急激に変貌しています。

慢性萎縮性胃炎のおもな原因は慢性的な持続感染であるという考えかたが広く認められるようになりました。同じ胃炎でありながら急性胃炎と慢性胃炎では治療法が大きく異なります 。

受診科総合案内 腹痛

●上腹部から胸のあたりが激しく痛み、頻脈や不整脈、血圧の降下などがある場合
心筋梗塞は発病の数日あるいは数週間前から狭心症の発作がくり返し起こって、だんだんひどくなったり、あるいはなんの前ぶれもなく、急に胸の中央から下のほう、みずおちにひどい締めつけられるような痛みが起こります。吐き気が起こり、吐いたり、冷や汗、脂汗を流したりします。

狭心症の極端なかたちで、亜硝酸薬は無効です。発作は30分以上続き、くり返して1〜2日も続くことがあります。脈の乱れ(不整脈)や急性心不全で死ぬ人があり、入院が必要です。脈を触れると非常に弱く、不整脈になることもあります。数日間、熱が出ますが、順調なときはそのうちに落ち着いてきます。症状が

急激で、いろいろな特徴があり、男性に増加しています。肥満、高血圧、喫煙、高脂血症などの人は要注意です。

高齢者などで痛みがほとんどない人や、食欲低下、意識消失などで始まることもあり、症状がそろっていないとか、軽いとかすると、わからないこともあります。そんな場合には、心電図の検査が必要です。器械があって、すぐ調べることができます。血液の検査をして、心筋からの遊離物質(クレアチンキナーゼやトロポニンなど)を証明すると、広がりがわかります。発病後1〜2カ月は再発することも多く、また2〜3週間目には、反応性の胸膜炎や心膜炎が起こることもあり、その場合にもう一度、胸痛や発熱があります。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

心筋梗塞→内科、循環器科を受診しましょう
受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments