受診科総合案内 咽喉

咳だけが止まらない場合
夏夜の寝冷え、季節の変わり目などにごく軽い風邪をひき、数日すると風邪の症状はほぼ治まったが、咳だけが止まらない場合があります。さきに、皇后様もかかったと報道されていました。病名は咳ぜんそくといいます。

気管支ぜんそくは、この病気と名前は似ていますが、気管支ぜんそくのように息を吐くにもゼイゼイと言うことはありません。また気管支ぜんそくのように呼吸困難になることもありません。

胸部のレントゲン写真を撮っても異常は見受けられず咳だけが異常にこみ上げてきます。そして、咳は夜間から、早朝にかけてひどくなり、眠れない夜になることも多々あり、ひどくなると会話中にも出、話もできないこともあります。

咳ぜんそくは、アレルギー性の病気と考えられていて、ハウスダストやダニ、そして花粉などが主な原因と考えられているようです。過去に、花粉症やアトピー性皮膚炎、じんましんなどになった人が咳ぜんそくにかかりやすいようです。そして、咳ぜんそくは季節の変わり目や梅雨時、台風シーズンに発症しやすいと言われています。

咳ぜんそくの治療は気道の炎症を抑えるステロイドの吸入が効果的。ステロイドの吸入によっての後遺症の心配はありません。これはステロイドを吸入するだけであって、血液の中には吸収されない為です。

また、気管支拡張剤なども使われるようです。こうした治療を1〜2ヶ月ぐらい続ければ完治します。咳ぜんそくも、他の病気と同じで早期に治療を開始するこ症状をとが、長引かないこつのようです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

咳ぜんそく→呼吸器科を受診しましょう

最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。
続きを読む

受診科総合案内 胸痛

●深呼吸をするとそれに合わせた痛みの強弱があり発熱や咳を伴う場合

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

胸膜炎→内科、呼吸器科を受診しましょう

胸膜炎
肺の表面や胸壁の内面をおおう膜を胸膜と呼びます。その胸膜に起きる炎症をまとめて胸膜炎といい、ほとんどが胸水を伴います。

胸膜炎の原因は多因子にわたるので、しっかり原因を突きとめ診断することが重要です。胸膜炎のおもな症状は、胸痛と呼吸困難です。

せき、たん、血たん、発熱、寝汗、体重減少、浮腫などさまざまな症状があらわれます。

一般的には胸膜炎、胸痛は深呼気時や体動時に起こり、せきをしたときに刺すような痛みを感じることがあります。
受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments