受診科総合案内 首・肩

●リンパ節が腫れ、全身がだるく、発熱や体重が減少、衰弱が見られる場合
甲状腺にできる悪性腫瘍は、がんと悪性リンパ腫があります。甲状腺の悪性リンパ腫は急速に増大します。


治療は、放射線と抗がん薬の併用でおこないます。急なしこりやはれはすぐに医師の診察が必要です。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

悪性リンパ腫→内科を受診しましょう


悪性リンパ腫
リンパ組織やほかの組織に存在するリンパ球が増殖して腫瘤をつくる悪性腫瘍を悪性リンパ腫と総称します。

悪性リンパ腫はリンパ組織から発生しますが、皮膚、脳、鼻腔、胃、乳腺など組織からも発生します。

悪性リンパ腫は、病理組織像からホジキン病と非ホジキン病に大別され、広がりかた、治療の反応性などに違いがあります。

リンパ球の性質により、B細胞性悪性リンパ腫、T細胞性悪性リンパ腫とに分けられることもあります。

ホジキン病はリンパ節のはれで頸部リンパ節腫脹が多いのが特徴です。悪性リンパ腫はリンパ液の流れに沿って連続し、その進行度により I 期から IV 期に分類できます。

受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments