受診科総合案内 目

●視野の一部がよく見えなくなったり、目の前にチラチラなにかが飛ぶ様に見える場合
片方の目を閉じて一眼で物を見るとき、中心部はよく見える事に気づきます。見える中心よりやや耳側に離れた部位に、自分では気づきませんが、見えないところがあり、これを“マリオットの盲点”と呼び、誰にでもあります。


異常視野を起こす疾患は多いのですが、かたちから疾患の診断、病気の存在場所や定期的に視野測定をおこなうことにより、疾患の進行状態や治療薬の効果判定までわかりますので、視野検査は眼科では大切な検査の1つです。


網膜疾患(網膜出血、網膜色素変性症、網膜白斑、中心性網膜脈絡膜症、ベーチェット病などの眼底発作など)、視神経疾患(緑内障、乳頭炎、うっ血乳頭、球後視神経炎、視神経腫瘍など)、視路疾患(頭蓋内腫瘍、頭蓋内出血など)、機能的疾患(ヒステリー、神経症など)がわかります。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


網膜剥離→眼科を受診しましょう


網膜剥離
初期症状は、明るい空や壁を背景にすると、虫が飛んでいるような、あるいは糸くずがあるように見えます。


視野のなかに黒い雲が湧き出てきたり、黒いカーテンが降りてきて、それが見る中心にくれば視力障害が起こります。


このような症状は、網膜の最外層の網膜色素上皮と間が分離剥離して起こります。剥離した網膜のどこかに裂孔ができて、そこに硝子体の水が分離を起こしてきます。


裂孔の見つからない網膜剥離もあります。近視、外傷や加齢による変性でも起こります。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

緑内障→眼科を受診しましょう

最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。
 

受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments