受診科総合案内 発熱

血圧や、尿の以上、むくみ、急性では高熱、慢性では微熱、時に腰痛も起こる場合
発熱、腰背部痛、悪心、CVA叩打痛、白血球尿、細菌尿などを特徴とするが、この疾患の非常に恐ろしいところは容易に敗血症やDIC、ARDSを起こすことである。


経験則に「発熱が認められれば、腎盂腎炎のような上部尿路疾患であり、認められなければ、膀胱炎のような下部尿路疾患である」というものがある。


発熱が認められない場合、基本的には下部尿路疾患を疑うが、感染が上行してきて腎盂腎炎になる場合もあるので、注意して経過観察をする必要がある。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

腎盂腎炎→内科、泌尿器科を受診しましょう


腎盂腎炎
細菌感染が腎盂からほうまで波及し、悪寒戦慄を伴い、高熱を発します。熱は39〜40度に達し、治療をしても4〜5日は続きます。

大部分は膀胱から尿が逆流する膀胱尿管逆流現象によって引き起こされると考えられていますが、人では証明されず、特発性(原因不明)と診断されます。

女性では膀胱尿管逆流現象がしばしばみられ、腎盂腎炎をくり返す人では逆流防止手術をおこないます。

女性では膀胱炎のあとに腎盂腎炎を起こすことがしばしばあります。目に見えない逆流現象があるからです。膀胱炎の初期に治療すれば腎盂腎炎にはなりません。

受診科総合案内 発熱

●だるい、頭痛、寒気、せき、たん、くしゃみ、鼻づまり、鼻水などを伴う場合
ウイルス感染による上気道(鼻腔や咽頭等)の炎症性の病気で、咳嗽、咽頭痛、鼻汁、鼻閉など局部症状(カタル症状)、および発熱、倦怠感、頭痛など全身症状が表れてきます。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓風邪→内科を受診しましょう


風邪の多様な症状は、様々な病因によって発生し、稀には性病として知られる淋病が、喉粘膜に発生する事によっても、風邪によく似た症状が出る事が知られている。

この他にも風邪と紛らわしい初期症状を示す病気は数多くあり、「かぜは万病のもと」と言われる由縁である。


風邪に対する注意点として、暴飲暴食、喫煙・飲酒も避ける。上気道のカタル症状に気付いたらマスクを常時着用し、気道粘膜が冷えたり乾燥したりしないようにする(気道粘膜の感染防御能保護の為)。


飛沫感染をとるインフルエンザなども病初期には早めのマスクの着用は重要である。



受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments