受診科総合案内 症候群

過食や運動不足、喫煙など関係ないのにメタボリック症状がが出た場合
生活習慣が偏って内脂肪が増え、高血糖や高血圧、高脂血症などを併発するのが、メタボリック症候群です。しかし、過食や運動不足、喫煙など関係ないのに、この症状が出た場合は成長ホルモン分泌不全症かもしれません。

このように、体内の成長ホルモンが不足すると内脂肪を中心に体脂肪率が上がり、一般に言う”リンゴ型肥満”になります。

そして、メタボリック症候群と同様、動脈硬化が進み糖尿病、心疾患、脳血管疾患になりやすくなります。また、筋力がおち骨折しやすく、肌が乾燥、髪が細くなる事もあると言われています。

原因は、脳の腫瘍や外傷、手術や放射線治療の後遺症などで、ホルモンを生成する下垂体の機能が落ちるのが減だそうです。

生活の影響も大きいようです。集中力が欠けたり、記憶力が低下したり、感情の起伏がおおきくなり、無気力になったりし、心身の活力が低下し仕事や学業、家庭生活など普段の力が出なくなるようです。

治療はホルモンを補充する(自己注射)療法が中心に行われます。最近では簡単に自己注射できるペン型などの器具ができており、痛みもなく出来るようです。また、重傷例への健康保険適用も開始になったようです。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

成長ホルモン分泌不全症→内科を受診しましょう
続きを読む

受診科総合案内 頭痛・頭重

●月経の近いときに起こり、不眠症や乳房の痛みなどを伴う場合

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓月経前緊張症→婦人科を受診しましょう


月経前緊張症
月経の始まる前に違和感や、精神神経過敏、下腹部や腰部の重圧感、不快感などの症状が出る事はよくあることですが、日常生活に支障が出る様なその障害の大きい場合を“月経前症候群”といいます。


精神的な症状として、神経質、感情の不安定、興奮、抑圧、不安、記憶力の減退があります。乳房の緊張感や疼痛、下腹部の症状としては、緊張感、疼痛、骨盤のうっ血症状などがあります。又、片頭痛をうったえたり、むくんだりします。


症状が重い場合には水分や食塩の制限をし、利尿薬、ホルモン剤、鎮静薬などをのみます。
受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments