受診科総合案内 動悸

●40歳代後半以降の女性で、のぼせ、めまい、発汗、心臓がドキドキするなどの血管運動神経障害の症状や、憂うつ、イライラ、記憶力減退、頭痛、不眠、耳鳴りなどの精神神経障害、肩こり、腰痛症、便秘、食欲不振などが起きる場合

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

更年期障害→産婦人科を受診しましょう


更年期障害
更年期になってエストロゲンが急に減少したことによって起こる症状を更年期障害といいます。

発汗、心臓が記憶力減退、頭痛、不眠、耳鳴りなどの肩こり、腰痛症、便秘、食欲不振などがそのおもなものです。

更年期障害とうつ病、仮面うつ病などの精神障害、それからエストロゲンが慢性的に欠乏することにより起こる異常との鑑別です。

うつ病を更年期障害ぐらいに考えているとたいへんなことになります。エストロゲンが少なくなると、骨がもろくなって骨折しやすくなります。

受診科総合案内 動悸

息切れや呼吸困難、痰、咳、時には体重の減少が見られる場合
肺気腫の症状>>病状は少しづつ思考するため、はじめは症状がありませんが、やがてからだを動かしたときの息切れ(労作時息切れ)を自覚するようになります。息切れは階段や坂をのぼるときに感じるだけですが、肺気腫症が進むと、平地でも健康な人と同じ速度では息切れを感じるようになり、ついには話をするのも息苦しい状態になります。たんの人に多くみられます。

肺の機能が低下すると、吸入酸素ボンベが必要に日常生活にも支障をきたすようになります。肺気腫の診断では、検査がおこなわれます。肺に吸い込んだ空気を1秒間に吐き出すことができるかを測定するものです。胸部X線検査では、肺が大きくふくらんだ状態に血管陰影が消失し、横隔膜が下がって写ります。胸部CTを撮ると、破壊された肺胞が空洞(ブラ)をつくっているのがはっきりします

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

肺気腫→内科、呼吸器科を受診しましょう

受診科総合案内 動悸

普段から顔色が悪く、息切れやめまい、立ちくらみが起こりやすい場合
貧血の症状はヘモグロビン濃度の低下により血液がからだのいろいろな症状ですが、貧血をもたらす原因によりほかの症状も加わってきます。貧血が短期間で起こったときと長期にわたって進行した場合で症状のあらわれかたが異なります。

口の中の粘膜、結膜などが青白い。めまいなどのほか、運動時の息切れ、動悸が多くみられます。脳貧血を起こすこともありますが、脳貧血は貧血と低血圧などが原因のことが血液を調べることが重要です。

このほかに爪が割れやすくなったり、口角炎、舌のあれ、食物を飲み込むときの痛みなどをうったえることがありますし、悪性貧血では神経症状などがあります。貧血のほかに皮下出血斑をみとめたりする場合は、再生不良性貧血、白血病なども考えなくてはなりません

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

貧血→内科を受診しましょう


貧血
鉄欠乏性貧血 溶血性貧血 巨赤芽球性貧血(悪性貧血) 再生不良性貧血 骨髄異形成症候群 二次性(症候性)貧血 出血 
受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments