受診科総合案内 症候群

月経前症候群とは
月経前症候群とは、PMS(Premenstrual Syndrome)とも呼ばれ、女性の生理の約2週間前から起こる様々な不調(月経開始の数日前から軽い違和感や、精神神経過敏、下腹部や腰部の重圧感、不快感などの症状)のことを言い、日常生活に支障が出るほどその障害の大きい場合を“月経前症候群”ます。


この不調は、一般的に、排卵から月経開始までの時期に現れ、黄体ホルモンの影響によると言われています。


月経前症候群の症状としては、身体的症状と精神的症状に分けられ、その病状には大きな個人差があります。


身体的症状としては、腰痛、下腹部が張る、頭痛、乳房が痛い・張る、疲れやすい、眠くなる、肩こり、めまい、手足の冷え、むくみ、のどがかわく、ニキビができやすい、肌荒れ、化粧のノリが悪い、食欲が増す・なくなる、下痢・便秘、おりものが増える、カラダがスムーズに動かない、などがあります。


精神的症状としては、イライラ、攻撃的になる、怒りやすい、無気力、うつ状態となる、能率が低下、気分の変化、いつも通り仕事ができない、女性であることが嫌になる、人付合いが悪くなる、神経質、感情の不安定、興奮、抑圧、不安、記憶力の減退などがあります。


同じ症状が、周期的に現れ、また、症状は、排卵から月経前の「黄体期」に出現し、月経終了後の卵胞期には消失する、ということであれば、「月経前症候群」とされます。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

月経前症候群→婦人科、心療内科を受診しましょう




月経前症候群の治療法は・・・
続きを読む

精神疾患

適応障害とは・・・
適応障害とは精神疾患のうち、重度のストレス障害に分類されるものの一つです。
原因は、ストレス因子。症状としては主に情緒的な障害が挙げられますが、時には行為にまで障害が現れることもあります。症状は日常生活や社会生活の能力の低下を招き、仕事や学業に支障をきたすようになり、場合によっては就学や就労そのものが不可能になることもあります。


ストレス因子としては、失恋やトラブルなど、外的なものが挙げられます。ストレス因子は、わたしたちが生きてゆく上ではよくあること。それゆえ、適応障害は「患者のストレスに対する弱さが発病の起因となっていることが多い」と指摘されています。有名な例としては、皇太子妃雅子さまの病状。


このことがきっかけで、「適応障害」という名称が一般にも広まりました。適応障害とは、ストレスによって日常生活や社会生活が困難になる、重度のストレス障害の一種です。適応障害の治療は、その原因とストレスを軽減することです。まず、適応障害の患者を取り巻く環境を調整して、適応しやすいようにしたり、場合によってはしばらく休職・休学して、心的エネルギーを回復することが必要になってきます。


別のアプローチとしては、心理療法。カウンセリングなどによって患者の情緒的な障害をしずめ、患者を取り巻く環境への適応のための援助をします。適応障害に対して薬物の投与がケースもあります。適応障害では大概の場合、情緒的な障害が生じ、抑うつ感や不安感などが伴うことがあるので、その場合は抗うつ薬や抗不安薬の投与を行います。


日常起こりうるような生活上の変化やストレスを経験した場合(肉親の死、失恋、就職や受験の失敗、失職など)に生じる適応障害。適応障害では、抑うつ、不安、心配、仕事や家事の障害などがみられます。また青年の場合は攻撃的になったり、小児の場合は赤ちゃんがえり(退行現象)がみられたりします。適応障害は長く続くものではありません。まずは、周りの人からのフォローが大事になると思います。温かく見守ってやってください。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

適応障害→神経内科または精神科へ

受診科総合案内 動悸

不安感や胸部の不快感、息苦しさを感じるが心臓そのものに以上はない場合
動悸がし、呼吸困難や胸痛があります。動悸はほんとうの心臓の病気では一定の運動で起こりますが、この場合は安静にときにも起こります。夜に起こり、不安になり寝られないことがあります。


痛みは、狭心症と違って、胸の拍動がドキンドキンと手に触れるあたりのわりあいはっきりした痛みで、チクチク、ピリピリなどと表現されることもあります。


痛みがあります。安静をとっても治らず、頭痛、めまい、耳鳴り、不眠などを伴うことが多いのです。患者はため息をつくことが多く、元気がなく、いらいらする傾向があります。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

心臓神経症→内科、循環器科を受診しましょう


心臓神経症
心臓神経症というのは心臓にはっきりした病気がないのに、心臓に関連したいろいろな症状を起こす病気をいいます。遺伝からくる要素のうえに、なにか心配ごととか過労とかが加わって起こることが多いのです。病巣(たとえば僧帽弁逸脱症など)が隠れていることもあります。


受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments