尿を漏らす場合

夜尿症(おねしょ)
夜尿症(おねしょ)は排尿機能に影響する器質的な病気がないにもかかわらず、5歳を過ぎてもおねしょをくり返すのを夜尿症(おねしょ)といいます。

めやすとしては、5歳以上の子どもで1週間のうち2晩以上の夜尿が3カ月以上続いているときに夜尿症(おねしょ)と言われています。また、小学校4年生で週一回以上の夜尿症(おねしょ)が認められる子供は約、10〜15%程度と推測されています。

この夏、泊まり込みで遊びに行ったり、行事への参加をされたりした子供も勿論ですが、ご両親たちも心配だったことでしょう。

このような子どもは、それ以前から夜尿が続いている場合が大部分で、そのような場合には成長とともに自然に改善しますので安心して言いようです。

多くは機能的な未熟性からで小さい時は、このおねしょをするのは普通のことです。あまり、子供さんにプレッシャーを掛けないようにしましょう。

それでも、治療方法は色々あるようです。生活習慣の改善と共に、夜間のオシッコの量を減少させる薬剤や、膀胱の容量を増大させる薬剤が使用される事が増えているようです。

これら治療の効果については比較的に直ぐ効果が現れ副作用もあまり認められないようです。

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

泌尿器科、小児科を受診しましょう

受診科総合案内 排尿

尿失禁の改善方法
他人には言いにくいことなので知られていませんが、高齢者の3人に1人は尿失禁で悩んでいるそうです。原因は色々あるようですが、特に女性に多いのが腹圧性尿失禁です。


腹圧性尿失禁とは、くしゃみをしたり、重い物を持ち上げたりした時に尿が漏れる状態をいいます。なかには年だから仕方ないと諦めて、大人用のおむつを着けている人もいるようです。しかしこの腹圧性尿失禁は骨盤底筋や括約筋を鍛える事である程度は症状を改善できるのです。続きを読む

受診科総合案内 排尿

くしゃみをしたとき、重い物を持った時など、腹に力が入ったときに尿が漏れる場合
尿失禁>>昼間に尿を漏らす病気です。尿をがまんしようと努力しているけれども尿が漏れる状態です。前立腺がんなどのときに膀胱が満杯になっても排尿できないため、自分では尿を出しているとは思っていないけれども、あふれ出て漏れる状態をいいます。


腹圧尿失禁はお産を多く経験した老婦人などによくみられ、くしゃみ、重い物を持つなどで腹圧がかかったときに閉鎖圧に抗して尿が漏れる状態で、閉鎖圧が低くなっているためです。


切迫尿失禁は膀胱の排尿筋が収縮してしまい漏れるものです。高齢者になると経験するもので、大脳ではがまんするように指令を出しているのですが、末梢の神経がいうことを聞かなくなるためです。


真性尿失禁=真性尿失禁(しんせいにょうしっきん)は尿路異状による尿失禁。尿道外尿失禁とも言う。


仮性尿失禁=仮性尿失禁(かせいにょうしっきん)は尿路自体には異状は無いが、尿路の周辺臓器の異状による尿失禁)

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

尿失禁→泌尿器科を受診しましょう
受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments