受診科総合案内 手・足

急に右の手足が不自由になり座り込んだが、すぐに症状が良くなった場合
これは、心臓を含めた脳までの血管のどこかに狭い部分があったり、血栓がついていたりして、脳の血流が一時的に悪くなった場合、麻痺という症状になって現れます。この症状は突発的に起こり、数秒ないし15分以内、長くても24時間以内には症状は回復します。

これらの症状は疑いなく、一過性脳虚血発作(TIA)といえます。また、この症状は、脳卒中の前触れです。このような時はすぐにでも救急車を利用して救急病院で受診すべき症状です。

また、血管系疾患の合併症として現れることが多いので、この症状が見られた場合は高血圧症・高脂血症・糖尿病等の検査も同時に行うといいでしょう。

しかし、以後に再発の症状がなくても、TIAのすぐ後に脳梗塞になることもあります。治療においては、以前は寝脳梗塞の人でも、最近の治療技術は進歩が著しく向上しているために回復する場合もあります。治療法としては、薬物療法や外科的療法があります。

しかし、このようにいくら医療等の技術が進歩していても、治療においては症状が出てからの時間との勝負的なところもあります。

よって、発症したときは、ある時間経過すると治療成績も悪くなることもあり、一刻も早く治療を受けることが最善の方法でしょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

一過性脳虚血発作→脳神経外科、神経内科を受診しましょう

最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。

麻痺・しびれ・目眩がある場合

急に右の手足が不自由になり座り込んだが、すぐに症状が良くなった場合
これは、心臓を含めた脳までの血管のどこかに狭い部分があったり、血栓がついていたりして、脳の血流が一時的に悪くなり麻痺という症状になって現れます。

この症状は、典型的な一過性脳虚血発作(TIA)で、これは脳卒中の前触れです。このような時はすぐにでも救急車を利用して救急病院で受診すべき症状です。

また、血管系疾患の合併症として現れることが多いので、この症状が見られた場合は高血圧症・高脂血症・糖尿病等の検査も同時に行うといいでしょう。

しかし、以後に再発の症状がなくても、TIAのすぐ後に脳梗塞になることもあります。

治療においては、以前は寝脳梗塞の人でも、最近の治療技術は進歩が著しく向上しているために回復する場合もあります。

しかし、このようにいくら技術が進歩していても、治療においては症状が出てからの時間との勝負的なところもあります。

よって、発症後、ある時間経過すると治療成績も悪くなることもあり、一刻も早く治療を受けることが最善の方法でしょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

一過性脳虚血発作→脳神経外科、神経内科を受診しましょう

最後まで読んで戴き有り難うございました。この度の情報お役に立ちましたでしょうか?これからも貴方にとってよりよい情報をお伝えしたいと思います。またのお越しをお待ちしております。

受診科総合案内 手・足

高血圧の人で、高脂肪の食事を好む人が多く、血行障害をきたし手・足に異常が出た場合
動脈硬化症>>動脈が肥厚し硬化した状態を動脈硬化といい、これによって引き起こされる様々な病態を動脈硬化症という。


動脈硬化の種類にはアテローム性粥状動脈硬化、細動脈硬化、中膜硬化などのタイプがあるが、注記のない場合はアテローム性動脈硬化を指すことが多い。


アテローム動脈硬化症は、糖尿病、最終的には動脈の血流が遮断されて、酸素や栄養が重要組織に到達できなくなる結果、脳梗塞や心筋梗塞などの原因となる。

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

痛風→内科を受診しましょう

受診科総合案内 手・足

意識障害、言語障害、手足の麻痺などの運動障害がおきる(突然倒れることもある)場合
脳卒中>>脳血管障害のうち、急激に発症したものは脳血管発作、または脳卒中と呼ばれる。血管が閉塞する脳梗塞と、血管が破れて、血液が脳を破壊する脳出血とがあります。


虚血性疾患においては動脈硬化が原因としては、糖尿病、喫煙が挙げられる。


出血については各病態で異なり、脳内出血では高血圧が、くも膜下出血では脳動脈瘤 、脳動静脈奇形 が大きな要因となっています。


食文化が欧米化とともに罹患率は上昇して予防、再発防止、リハビリテーションとも大きな課題となっています。


高齢者の生活の質がいちじるしくそこなわれる原因として重大な疾患です。血管内で血栓が生じ閉塞する脳血栓と、心臓の中の血栓が脳まで運ばれて、そこの血管を閉塞する脳塞栓症があります。高血圧は、脳出血のもととなります。


高血圧、高脂血症、高血液粘度(脱水、喫煙、ストレスに関係)は、脳血栓を誘発します。心臓弁膜症では、脳塞栓症の危険をはらんでいます。

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

脳卒中→脳神経外科を受診しましょう
受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments