受診科総合案内 排便・肛門

胃潰瘍やびらん性胃炎に似た症状、体重の減少や全身衰退が起きる場合
胃ガン>>胃癌は胃壁のもっとも内側にある胃粘膜から発生する。進行すると他の臓器やリンパ節にも転移し、胃壁で成長した癌は食道や十二指腸にまでも到達する。また、癌が胃壁を越えると肝臓、膵臓、大腸など他の臓器に浸潤し、肺や鎖骨上窩リンパ節あるいは卵巣に遠隔転移する。


自覚症状による胃癌の早期発見は難しい。癌が進行してからでないとはっきりとした自覚症状が出てこないことが多いからである。


胃癌は次の症状が出てくる。腹痛、(胃部の)不快感 、吐き気や嘔吐 、食事後の胃部膨満感 、食欲減退、体重減少、体調不良や疲労感 、消化不良あるいは灼熱感(胸焼け)、 吐血や下血・黒色便 などである。


胃癌ではじめに出現する症状は上腹部の不快感、膨満感などであることが多い。症状は癌以外の消化器疾患、たとえば慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍でも認められ胃癌に特異的なものではない。


胃癌が進行すると腫瘍からの出血に伴う症状が出現する。便が黒色となったり、軟便傾向となる。胃癌からの出血がつづき、貧血が進行すると、貧血による自覚症状、たとえば運動時の息切れ、易疲労感などの症状が現れる。


腫瘍の増大に伴い腹部にしこりを触れたり、食物の通過障害、閉塞症状が現れることがある。このような症状を持つ人々は診察を受けるべきである。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

胃癌→内科、消化器科を受診しましょう


受診科総合案内 排便・肛門

空腹時の胃痛、胸やけ、便秘傾向、ひどいときは吐血や下痢を伴う場合
胃潰瘍>>胃潰瘍は、胃酸と、胃酸から胃壁を守る粘液の分泌とのバランスが胃酸によって胃壁に穴が痛みを感じたり、出血を起こす病気である。胃潰瘍の場合は、胃壁の穴が胃の外側にまでつながる場合もある。


胃潰瘍の症状や多くは十二指腸潰瘍にもあてはまるため双方を総称して消化性潰瘍と呼ぶ。違いとしては、十二指腸潰瘍は若者に多く胃潰瘍は中年以降に多い点が挙げられる。


腹痛(上腹部痛)が代表的ではあるが、背部痛、食欲がない、体重減少、吐血(鮮血の場合もあり、コーヒー残渣様の事もある)、下血(大量出血の場合は泥状の黒色便、さらに大量に出血した場合には血性の便)、胸焼け、もたれなど多彩であり、検診の発達した日本では、偶然発見され全く症状のない場合も多い。


胃潰瘍の重要な合併症としては、出血と穿孔があり早期の治療が必要である。出血した場合には、冷汗、血圧低下、気分不快、吐血、下血などの症状が出現する。 穿孔の症状としては、持続性の非常に強い腹痛、圧痛、反跳痛、筋性防御、発熱などがある。


食後に腹痛が増悪する場合は胃潰瘍、食前に増悪する場合は十二指腸潰瘍である場合が多い。胃酸は十二指腸まで流れづらく(胃に内容物があれば胃酸は十二指腸まで流れづらく、胃に内容物が無い場合には胃酸は直ぐに十二指腸へ落ちる為)しかし実際にはそうとも限らない為に注意が必要である。


同じような症状の疾患には機能性胃腸症の頻度が最も高く、その他に十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、急性膵炎、慢性膵炎、胆石、胆嚢炎など除外診断すべき疾患は極めて多い。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

胃潰瘍、十二指腸潰瘍→内科、消化器科を受診しましょう
受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments