受診科総合案内 排便・肛門

肛門に傷が付き出血し、痛身がある場合
裂孔>>裂肛(れっこう)は、一般に切れ痔と呼ばれるもので、硬い便がでたりした場合に肛門部が切れることによって生じる。裂肛周囲には肛門ポリープ、見張りイボとよばれる突起が出来やすい。 慢性化すると、肛門狭窄をおこすことにより、さらに切れやすくなり、痛み、出血を呈する。


軽度の裂肛は、緩下剤や外用薬で治療するが、肛門狭窄を合併するような裂肛では、手術が必要な場合がある


治療としては便秘を避けて、便をほどよいかたさに保つことが第一です。肛門括約筋を部分的に切開して肛門を広げ外科的治療をおこなうこともあります。

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

裂孔(切れ痔)→内科、消化器科、外科を受診しましょう

受診科総合案内 排便・肛門

肛門の外側にいぼが出来痛みや痒み、出血が出る場合
外痔核>>外痔核は内痔核と違い問題になることは少ないが、肛門外に血豆が出来る血栓性外痔核は、しばしば痛みを起こすことがある。

痔の大敵は便秘です。ためには、食物繊維と水分を十分にとることが必要です。下痢もよくありません。


また、肛門を清潔にすることも重要です。毎日入浴し肛門を清潔にします。排便の際にいきむのは禁物で、無理に便を出そうとするのはやめます。長時間座りっぱなしでいるのもありません。刺激物もほどほどに・・・

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

外痔核→内科、消化器科を受診しましょう

受診科総合案内 排便・肛門

肛門の内側にいぼが出来痛みや痒み、出血が出る場合
内痔核>>内痔核の症状は出血と脱出(肛門から外に出てくる)です。出血と脱出から二次的に生じる症状として、肛門がじめじめする、肛門の不快感や異物感、肛門のかゆみ、貧血などがあります。


内痔核では痛みはないとされていますが、痔核内に血栓をつくってさらに外痔核を併発すると痛みを伴うことがあります。出血ははじめは排便時に紙に血がつく程度ですが、進行するとポタポタと落下したり、排便に関係なく出血を認めるようになります。


出血でも長期間続くと、貧血を起こすことがあり、動悸、息切れ、立ちくらみ、疲れやすい、顔いろが青白いなどの症状が出ます。 内痔核は大きくなると、肛門外に脱出することにより、痛み、出血を生じるようになる。


肛門外に痔核が脱出した場合、軽度の場合は、脱出した痔核を肛門内に戻すことが可能であるが、進行すると脱肛した痔核が肛門内に戻らなくなり、激烈な痛みを生じる。この状態を嵌頓痔核(かんとんじかく)と言い、緊急処置が必要な病態である。

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

内痔核→内科、消化器科を受診しましょう
受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments