尿を漏らす場合

夜尿症(おねしょ)
夜尿症(おねしょ)は排尿機能に影響する器質的な病気がないにもかかわらず、5歳を過ぎてもおねしょをくり返すのを夜尿症(おねしょ)といいます。

めやすとしては、5歳以上の子どもで1週間のうち2晩以上の夜尿が3カ月以上続いているときに夜尿症(おねしょ)と言われています。また、小学校4年生で週一回以上の夜尿症(おねしょ)が認められる子供は約、10〜15%程度と推測されています。

この夏、泊まり込みで遊びに行ったり、行事への参加をされたりした子供も勿論ですが、ご両親たちも心配だったことでしょう。

このような子どもは、それ以前から夜尿が続いている場合が大部分で、そのような場合には成長とともに自然に改善しますので安心して言いようです。

多くは機能的な未熟性からで小さい時は、このおねしょをするのは普通のことです。あまり、子供さんにプレッシャーを掛けないようにしましょう。

それでも、治療方法は色々あるようです。生活習慣の改善と共に、夜間のオシッコの量を減少させる薬剤や、膀胱の容量を増大させる薬剤が使用される事が増えているようです。

これら治療の効果については比較的に直ぐ効果が現れ副作用もあまり認められないようです。

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

泌尿器科、小児科を受診しましょう

受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments