受診科総合案内 手・足

膝の内側に痛みが出、少しはれている場合
40歳を過ぎて、この膝の内側に痛みがある場合、原因として多いののは間接軟骨の摩耗や内側半月板の損傷が考えられます。


膝の内側により多くの荷重がかかることが原因です。日本人においては0脚の人が結構多いのが理由の一つです。それで、内側の間接軟骨がすり減ってくるのです。


軟骨の摩耗が激しくなると、軟骨周囲の骨の変化をきたし、変形性膝関節症になります。この変形性膝関節症はX線で診断がつきます。この軟骨摩耗が激しくなければヒアルロン酸の関節注射で効く場合が多いのです。


また、半月板も40歳を過ぎると少しのことで傷ができやすくなっています。これらの治療は上記の治療を行いますが、X線でも異常がなくヒアルロン酸注射でも効果のない場合は内側半月板に異常がないか精密検査を受けた方がいいでしょう。


その他、効果のあることとして、体重を減らすことで関節の負担を少なくすることも有効です。そして、ひざを伸ばす筋肉を鍛えておくと関節の安定性がよくなり、ひいてはこの病気の進行を予防します。

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

変形性膝関節症→整形外科(できれば専門医)を受診しましょう

受診科総合案内 運営ポリシー
受診科総合案内
体調が悪い、気分が悪い!○○が痛い!!などなど・・・我慢したけどやはり病院に行こう!!って決断しました。さて?何科に行って受診すればいいのか、あなたは迷ったことはありませんか?そんな貴方をフォローします。当ブログを見て、症状別に見る受診科を参考にして戴き、少しでも早く適正な受診科に行って診断、治療して貰うことの手助けが出来れば幸いです。
rakuten
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★
受診科総合案内 Recent Comments